桜紋の扉―自殺防止への取り組み、納骨堂「帰郷庵」へのご納骨、供養の意義などについてご紹介します。
桜紋の扉 法徳寺の扉 御祈願の扉 汗露水の扉 御法歌 法話の扉 帰郷の扉 升紋の扉
信者を作らない理由法話の小部屋御同行の体験談

今日も一日ありがとう(1)



記録的な大雪


今年の2月14日から15日未明にかけて、関東甲信地方は記録的な大雪に見舞われ、甲府市内では、114pという、甲府地方気象台が明治27年から観測を始めて以来最大の積雪を記録しました。

この大雪によって、山梨県内はおろか、県外から県内に通じる道路もすべて通行不能となり、孤立する市町村が相次ぐなど、県全体が「陸の孤島」と化し、パニック状態に陥りました。

中央自動車道や国道20号線では、数百台の車が大雪に埋もれて立ち往生し、物流が完全にストップするなど、日常生活にも大きな影響が出ました。

また果物王国の山梨県では、農業用ハウスの多くが雪の重みで倒壊し、特にぶどう農家の被害が深刻で、その被害額は、雪が原因の農業被害額としては異例の171億円に上りました。

法徳寺でも、153pある境内の歌碑が雪の中に埋もれ、160p近い積雪を記録しましたが、境内のみならず、表通りに出るまでの市道も雪に埋もれ、完全に孤立状態となりました。

漸く表通りに出られるようになったのは、5日後の20日で、19日の午後から、業者の方が来て、少しずつ大型機械を使って掻いて下さっていたようですが、薄暗くなってもまだ道が開かないので、途中で諦めて帰ったのだろうと思っていました。

ところが、翌20日の朝、ポストに朝刊が入っていたので、境内に出てみると、市道の雪が全部綺麗に掻かれており、表通りまで開通していました。

一刻も早く出入りできるようにしてあげたいという思いで、暗くなっても最後まで掻いて下さったのだと思うと、業者の方の気持ちが有難く、心の中で合掌いたしました。


当たり前ではない日常生活


大雪で孤立する市町村が相次ぐ中、法徳寺は5日間の孤立生活を強いられたものの、6日目には表通りに出られたのですから、感謝しなければなりませんが、同時に、5日間の孤立生活を通して、いつでも自由に出入り出来る事の有り難さを痛感いたしました。

法徳寺は停電もせず、食料もある程度確保されていたので、その面で困る事はありませんでしたが、いつでも、自由に買い物に行けたり、車で出かけたり、私達にとって当たり前と思っていた事が、決して当たり前ではない事を、改めて思い知らされました。

停電したり、断水したり、長期の孤立生活を余儀なくされていた方々の不自由さ、不便さを思うと、5日間で出入りできるようになった事を素直には喜べませんが、停電と聞いて思い出すのは、東日本大震災の時に実行された計画停電です。

あの時は、御同行のお一人が御奉納して下さった発電機のお蔭で、不自由なりにも全く電気が使えない状況には陥りませんでしたが、東電管内には、蝋燭の炎の中で食事を余儀なくされたり、暖房のない中で寒い思いをされたお方も大勢おられたと思います。

多くの企業が操業停止や操業時間の短縮を余儀なくされ、経済にも大きな影響を及ぼしましたが、未曽有の大震災と原発事故によって、すべての原発が止まったため、やむを得ない計画停電だったと言えましょう。

あの計画停電によって思い知らされたのは、私たちの生活が、電気がなければ何も出来なくなっているという現実でした。

いつでも自由に電気が使えるお蔭で、スイッチを押せば、電気炊飯器がご飯を炊いてくれますし、電子レンジが冷たいものを温めてくれます。タイマーをセットしておけば、自動的にお風呂にお湯が溜まり、終われば自動的に止めてくれます。

エアコンのスイッチを入れれば、暑い夏は涼しい部屋で、寒い冬は温かい部屋で快適に過ごせますし、冷蔵庫に食材を入れておけば、冷凍保存してくれます。

要するに、電気が来るのも当たり前、水道が来るのも当たり前、ガスが来るのも当たり前、何もかもが当たり前の世の中にどっぷり浸かって、何不自由なく暮らしているのが、今の私たちなのです。

仏教では、万人が願う理想郷を「極楽浄土」と言いますが、現代人の暮らし振りは、ご先祖の目から見れば、まさに極楽浄土そのものではないでしょうか。

1983年(昭和58年)、NHKで放映されて話題になり、何度も再放送されている連続テレビ小説「おしん」をご覧になったお方も大勢いると思いますが、雪の降り積もる中、何十分もかけて川の水を汲みに行き、あかぎれの出来た手で重い桶を持って帰ってくるおしんの姿を見て、思わず胸が熱くなったのを今でも思い出します。

あの光景が、物の豊かな時代に生まれた今の若者の眼に、どう映るのかは分りませんが、貧しい当時は、それが当たり前でした。

今の私達の生活を見て、「おしん」と同じ時代を生きた人々は何と言うでしょうか?恐らく、「あなた達は幸せだよね。こんな極楽のような生活が出来るんだから」という言葉が返ってくるのではないでしょうか。

にも拘らず、私達は、いまの生活を極楽とは感じていないのです。それどころか、「もっと便利に、もっと豊かに、もっと快適に」と、その欲望は留まるところを知りません。

何故でしょうか?

それは、誰もが、今の生活を当たり前だと思っているからです。

私たちが、現代文明の恩恵を存分に享受していることは間違いなく、このような快適で夢のような生活環境を当たり前だと思うのは、豊かさと贅沢をはき違えている何よりの証と言えましょうが、そのはき違えを木端微塵に打ち砕き、「当たり前ではない」という現実を目の当たりにさせてくれたのが、あの阪神大震災や東日本大震災であり、今回の大雪被害ではないかと思います。


天災は忘れた頃にやってくる


よく「天災は忘れた頃にやってくる」と言われますが、この言葉は、天災の恐ろしさを忘れている私達を戒める言葉だと解釈されています。

しかし、「天災は忘れた頃にやってくる」とは、その恐ろしさを忘れた頃に天災がやってくるという意味ではなく、全てが当たり前ではない「有り難き」事であるという感謝の心を忘れた頃に天災が降りかかり、不自由な生活を強いられて初めて、今まで当たり前だと思っていた事が決して当たり前ではない事に気付かされるという意味ではないかと思います。

阪神大震災や東日本大震災によって、ライフラインがすべて破壊され、電気も水道もガスも何もかも使えなくなって初めて私達は、今まで当たり前のように使っていた電気も水道もガスも、決して当たり前に使えるものではなかった事に気付かされたのです。

「電気、ガス、水道の使用料を支払っているのだから、使えて当然ではないか」と言われるかも知れませんが、たとえそうであったとしても、各家庭でいつでも自由に使えるのは、目に見えない所で懸命に保守点検をして下さっている多くの人々がいるからであり、いくら利用料を支払っても、その陰のご苦労がなければ、一日たりとも自由に使う事は出来ないのです。

要するに、電気が来るのも当たり前ではなく「有り難き事」、蛇口をひねればすぐに水が飲めるのも当たり前ではなく「有り難き事」、ガスが来るのも「有り難き事」、何もかも使えて当たり前ではなく「有り難き事」なのです。

電気やガスや水道を自分で作れる筈もなく、誰かが作って下さったものを、お金を払って買っているに過ぎない私達が、「使えて当然だ」と、権利だけを主張して、作って下さっている方々の御苦労を知らなければ、感謝の心を忘れた人間のエゴだけがまかり通る世の中になり、必ずや再び天災の洗礼を受けなければならなくなるでしょう。

全てが当たり前であり、当然の権利であるかの如く錯覚し、「有り難き事」「有り得ない事」という感謝の心を失くしてしまった私達の心の眼を目覚めさせてくれるのが、まさに天災という名の天地の慈悲なのです。

「天災は忘れた頃にやってくる」とは、「天災は感謝の心を忘れた頃にやってくる」という意味であり、感謝の心を忘れてはならないという私達に対する戒めに他なりません。

私たちの目は、前にしかついていませんから、前しか見えませんが、前ばかり向いて、権利だけを主張していては、物事の真相は見えてきません。時々後ろを振り返りつつ、反省すべきところは反省し、改めるべきところは改め、感謝すべきところは感謝する事によって、初めて未来に向けた確かな一歩が踏み出せるのではないかと思います。


今日も一日ありがとう


御法歌「頼め彼岸へ法のふね」の中に、
  朝日に感謝は するけれど
    沈む夕陽に 知らぬ顔
    今日も一日 ありがとう
 という歌がありますが、この歌には、私達が忘れてはならない大切な教えが説かれています。

日本人は初日の出を拝むのがとても好きなようで、大晦日から元旦にかけて、大勢の人々が、初日の出を拝もうと山へ登られます。

法徳寺のある山梨は、富士山頂から初日の出が昇る「ダイヤモンド富士」を拝めると言うので、全国から大勢の方々が、ダイヤモンド富士の初日の出を拝みにやって来られます。

初日の出を拝ませていただけるのは、日本が平和である証拠であり、日本人の一人として有難い事だと思いますし、一人でも多くの皆さんに拝んで頂きたいと思います。

毎年元旦のテレビ画面には、富士山頂に集まった人々が、初日の出に向かって、両手を振り上げながらバンザイをしている姿が映し出されます。

何とも微笑ましい光景ですが、不思議な事に、その前日の大晦日、西の空に沈む一年最後の夕陽を見送りながら、バンザイをし、感謝の合掌をしている人の姿を、今まで一度も見た事がありません。また、そのような光景がテレビに映し出されているのを見た事もありません。

おめでたい初日の出をいち早く拝みたいという気持ちはよく分りますし、初日の出を拝む人々をテレビに映して多くの人々に伝えたいというテレビ局の思いも分からないではありませんが、物事には全て始まりと終わりがあります。

昇った朝日は必ず西の空に沈み、生まれたものは必ず死を迎えます。これが、永遠の昔から変わる事のないこの世の真理(天地の決まり)であり、人間を含めた森羅万象全てが、この真理の中にいます。

この地球でさえ、数十億年後には消滅すると言われています。地球もオギャーと生まれた一個の生命体である以上、最後があるのは当然です。太陽にも死があり、いつか消えてなくなります。

しかし、死んで終わりではありません。また別の新しい太陽や地球が、この広大な宇宙のどこかに産声をあげるのです。古い命が消えたら、別のところで新しい命が生まれる。これが、この大宇宙で日々刻々と繰り広げられている壮大な生命の誕生と消滅のドラマです。

いまここにいる私も、そして、これを読んで下さっている皆さんも、今は間違いなく生きていますが、あと百年もすれば、間違いなく今地球上に生きている殆どの人が亡くなり、新しい世代にそっくり変わっている筈です。

宇宙の命の営みとは、何と気宇壮大なものでしょうか。

限りない叡智と巨大なエネルギーの前には、人間の浅はかな知恵や愚かな計らいなど、取るに足りないものである事を、いつも思い知らされます。


昇る朝日と沈む夕陽


生まれたものは必ず死に、昇った太陽は必ず沈んでゆく。しかし、沈んで終りではなく、また生まれかわって東の空から昇ってきます。

初日の出と言っても、西の空に沈んだ大晦日の夕陽が、再び昇ってきた姿であり、同じ太陽である事に変わりはありません。にも拘らず、人々は、昇る朝日は愛でても、沈む夕陽には目を向けようともしません。

目を向けようとしない夕陽は、一年365日、一日も欠かさずお世話になり、私達が最もご苦労をおかけしたお天道様なのです。

その一年最後の夕陽に、「今年も一年間お世話になり、有り難うございました。また来年もお世話になりますので、宜しくお願いします」と言う感謝の合掌を忘れ、これからお世話になろうとしている初日の出に向かって、バンザイをしているのです。

正月準備に忙しく、大晦日の夕陽のことなどすっかり忘れているのかも知れませんし、もしかすると、夕陽に感謝をする事に気付いていないのかも知れませんが、私達が生まれる遥か昔から、太陽は一日も休まず、朝日となって昇り、夕陽となって沈んでいるのです。

人間も太陽も地球も、森羅万象すべてが一つの例外もなく、生まれては死に、死んでは生まれてくる真理の中にいる以上、最初をどのように迎えるかも大切ですが、最後をどのように締めくくるかの方がより大切ではないかと思います。

たとえ、沈んでいく夕陽であっても、否、沈んでゆく夕陽であるからこそ、お世話になった感謝の心を忘れていい筈がありません。

その事を忘れてはならないと教えてくれているのが、菩薩様の先ほどの御法歌です。

 朝日に感謝は するけれど
    沈む夕陽に 知らぬ顔
    今日も一日 ありがとう

赤ん坊を見れば、「可愛い」と言って、誰もがみんな抱き締めたくなります。でも、お年寄りには、どうでしょうか?

赤ん坊は、昇る朝日、お年寄りは、沈む夕陽なのですから、沈む夕陽に感謝の心を忘れていては、昇る朝日を拝む事も出来ません。

みんな、新しいものにはすぐに目を向けますが、古いもの、去ってゆくもの、滅びゆくものには、誰も目を向けようとしません。

今はいくら若くても、やがて自分もお年寄りになっていかねばならない沈む夕陽なのです。

その事実を忘れない為にも、毎日お世話になっている夕陽に手を合せて、感謝の心を捧げたいものです。


掃除機に感謝の供養


もう30年も前の話になりますが、年の瀬も押し迫った昭和59年暮れ、私は、奈良県桜井市にある寺院の住職になりました。

小さいながらも新築して間もない真新しい寺院だったので、住職就任と同時に、生活に必要な電化製品をひと揃え買ったのですが、10年ほどして、その時買った掃除機が故障し、ゴミを吸わなくなったのです。

近くの電器屋さんに修理をお願いしたら、修理代がとてもく、新しく買っても値段が余り変わらなかったので、新しい掃除機を買わせて頂く事にしたのですが、問題は、故障した掃除機の処分です。

皆さんならどうされるでしょうか?多分、その電気屋さんに処分してもらうか、燃えないゴミとして出されるだろうと思いますが、私も皆さんと同じように、燃えないゴミとして処分する事にしました。

しかし、一つだけ皆さんと違う方法で処分したのです。どうしたのかと言いますと、処分する前に、掃除機を供養したのです。

何故そんな事をしたのか?

確かにもう要らなくなった掃除機ですから、そのまま処分してもいいのですが、たとえ故障して動かなくなったとはいえ、お寺へ入ってから10年間、休む間もなく、働きづめに働き続けてくれた掃除機です。

ただの掃除機ではありますが、私にとっては、十年間、同じ屋根の下で苦楽を共にしてくれた家族のような存在なのです。そのまま捨ててしまっては不憫であるばかりか、それでは、菩薩様のお歌の中にある「沈む夕陽に知らぬ顔」になってしまいます。

そこで、家族みんなで、10年間、積もり積もった掃除機の垢や汚れを綺麗に拭かせて頂いた後、般若心経を唱えて供養させて頂いたのです。


何故掃除機を供養するのか?


日本広しといえども、掃除機に般若心経をあげたのは、私達くらいではないかと思いますが(笑)、心経を唱えて掃除機を供養したのは、私が僧侶だからでも、わが家がお寺だからでもありません。

供養は、僧侶だからすべきこと、僧侶でないからしなくてもよい事では決してありません。僧侶であろうがなかろうが、やらねばならないものだと思います。

何故なら、私も皆さんも、やがて働けなくなり、動けなくなり、死んでゆかねばならない身であり、掃除機と何ら変わらないからです。

モーターが故障して動かなくなった掃除機と、やがて歳を取って動けなくなる私達と、どこが違うのでしょうか。

ましてや、供養を願う心は、私も皆さんも、そして掃除機も同じ筈であり、違いがあろうとは思えません。

勿論、供養するのは、掃除機だけではありません。

法徳寺では、他の電化製品も、自動車や家財道具もみな、最後をお見送りする時には必ず、「今までお世話になり、有り難うございました。ゆっくりお休み下さい。そして生まれ変ったらまた法徳寺へ帰ってきて下さいね」という感謝の気持ちを込めて般若心経を唱え、供養してからお送りさせて頂きます。

勿論、新しく買った時も、これからわが家の一員となって働いてくれるのですから、「はじめまして、これからよろしくお願いします」と言う気持ちで、般若心経を唱えお迎えさせて頂くのです。

たかが掃除機、たかが自動車、たかが家財道具と思われるかも知れませんが、私達にそれぞれの人生があるように、掃除機や自動車や家財道具にも、それぞれの人生があります。

この掃除機は、工場で産声をあげ、小売店の店頭に運ばれ、私が買ってから僅か十年余りの短い人生でしたが、数多くの掃除機の中から、わが家にご縁があって嫁いできてくれた掃除機なのです。せめて、最後のお別れくらいは、心経を唱えて供養してから送ってあげたいと思うのが、人情ではないでしょうか。

皆さんは、「自己満足に過ぎない」とおっしゃるかも知れませんが、たとえそうであったとしても、私達に心があり、供養してもらえば嬉しいように、掃除機にも心があり、人の真心や親切や情けに触れれば、嬉しくない筈がありません。

もし掃除機が言葉を話せたら、きっとこんな言葉が返ってきたのでははないでしょうか。

「私は、十年前にこのお寺へ嫁いできました。それ以来、毎日来る日も来る日も、身を粉にして働いてきました。苦しい時も、悲しい時も、辛い時も、泣きたい時もありましたが、何一つ文句を言わず、今日まで懸命に働いてきました。もう身も心も疲れ果てて、ぼろぼろです。
 世の中を見れば、大勢の仲間が、使えなくなったと言って、傷だらけの姿のまま、捨てられているのに、私は、旅立つに当たり、最後にこうして綺麗にお身ぬぐいして頂いた上に、お経まで唱えて供養して頂きました。私はいま、このお寺へ嫁いできて本当によかったと思います。
 皆さんは私に手を合せて下さいましたが、私の方こそ、本当に感謝したい気持ちでいっぱいです。今度再び生まれ変わってくる時は、是非皆さんの所へ帰ってきたいと思います。その時は、また可愛がって下さいね」

そう言って、あの世へ旅立っていってくれたのではないかと信じていますが、最後を見送った者として、「生まれ変った時は、また帰ってきたいと思います」と言う掃除機の気持ちほど有難く、嬉しいものはありません。

詳しい事は、「今日も一日ありがとう(2)」でお話したいと思いますが、「また帰ってきたい」という掃除機の気持ちは、家が子々孫々まで栄え、会社が末代までも繁栄していく上で欠かせない、かけがえのない宝物となってくれる筈です。

合掌

平成26年3月11日



今日も一日ありがとう(1)
今日も一日ありがとう(2)
今日も一日ありがとう(3)
今日も一日ありがとう(4)
法話の小部屋Top


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


サイト内検索 help
 


法徳寺の草花と自然

ソメイヨシノ

紅梅
(花言葉 忠実)

 


法話の小部屋Topへ


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


高野山法徳寺(たかのやまほうとくじ) TEL:0551-20-6250 Mailはこちらから
〒408-0112 山梨県北杜市須玉町若神子4495-309 FAX:0551-20-6251 お問合せフォーム