桜紋の扉―自殺防止への取り組み、納骨堂「帰郷庵」へのご納骨、供養の意義などについてご紹介します。
桜紋の扉 法徳寺の扉 御祈願の扉 汗露水の扉 御法歌 法話の扉 帰郷の扉 升紋の扉
信者を作らない理由法話の小部屋御同行の体験談

やる気が人生を変える(1)




ハングリー精神の違い


以前、読売新聞に、中国人留学生と日本人学生の違いについて、次のような記事が掲載されていました。

指導する学生は34人。そのすべてが中国人の留学生になった研究室がある。

早稲田大学大学院の北九州キャンパス。ここは画像処理などに使う大規模集積回路の開発に取り組む後藤教授の研究室だ。

中国からの留学生は年々増え、ただ一人残っていた日本人の学生も今春、巣立っていった。留学生はみな中国の名門大学出身。ゼミや実験では英語を使うが、仲間同士の会話はつい中国語になる。

博士課程の趙(ちょう)さん(26)は、「中国の大学院にいるような気分」と笑う。国際化を掲げる北九州キャンバスは留学生が85%を占める。その中でも全員が中国人の研究室はここだけだが、後藤教授は「重要なのは人材。国籍は関係ない。彼らは向上心が強く、英語も得意。日本人の学生とは全然違う」と言い切る。

研究室は活気づいている。昨年度は、国際学術誌に論文5本が載り、国際会議での発表は44件にも達した。就職も引く手あまたで、日本の一流メーカーに次々と採用されていくという。

中国人留学生と言うと不法就労がしばしば問題になるが、後藤研究室の例のように優秀な学生も増えている。彼らは日本の高校でも頭角を現わし始めた。

千葉県木更津市の暁星国際高校では今春、過去最高の9人が東大に合格した。全員が中国人留学生だった。みな理科系で日本語のハンデも物ともしなかった。

帰国子女の受け皿となっている同高は1994年から中国人も受け入れ始めた。その数は次第に増え、今春の卒業生では114人のうち20人を占めている。

寺井副校長(61)は「彼らはやる気が違う。ハングリー精神がある」と話す。

そんな中国の英才たちに米欧や日本の大学は熱い視線を向ける。優れた学生の獲得は、激化する国際競争を勝ち抜くための鍵を握っているからだ。

米ハーバード大は3月、上海の超高層ビルにアジアの拠点センターを開設、学長が自ら乗り込み、留学を呼びかけた。東大や北海道大なども北京に事務所を設け、勧誘に力を入れる。

だが、人気が高いのは、国際化が進み、奨学金制度も充実した米国や欧州の方だ。米欧に行けない学生が仕方なく、日本を選ぶケースが少なくない。

「それでも」と、北海道大の本堂副学長が語る。「日本に来た中国人の学生も十分に優秀。あらゆることに積極的だ。日本人の学生は、ゆとり教育で学力が低下している」

暁星国際高校の寺井副校長も「日本人の生徒は『彼らは別格』と言って、中国人留学生と競うことを最初からあきらめている。東大を目指そうとも思わない」と顔を曇らせる。

科学立国を掲げる日本で強烈な存在感を示し始めた中国の若者たち。その活力は様々な分野で猛進する中国の勢いを象徴している。

不景気で就職難が叫ばれている昨今ですが、英語や日本語に堪能な中国人留学生には全く無縁の出来事で、学力優秀な彼らは、国籍に関係なく、次々と日本の一流メーカーに採用されていくと言うこの記事を読んで思い出したのは、あるニュース番組で、企業経営者の方が、「これからは国籍など関係なくなる。優秀な人材であれば、国籍に拘らず、どんどん採用していく」と話されていた事です。

激しい国際競争に勝ち抜くためには、いかに優秀な人材を確保するかが企業の生命線である以上、国籍など関係ないと考えるのは、経営者として当然でしょう。

「重要なのは人材。国籍は関係ない」という後藤教授の言葉は、グローバル化が進む世界情勢と、企業や大学を取り巻く厳しい経営環境を物語っていますが、「楽天」が社内の公用語を英語にしたり、「ユニクロ」が幹部の会議を英語にしたりする動きが出てきている事からも分るように、これからは、語学力一つをとっても、やる気を試される傾向が一段と強くなる事は間違いありません。

日本人だから優先的に採用してくれると高をくくっていた時代はもう終わったと言っても過言ではなく、今後は、やる気があるかないかが最大のセールスポイントとなる事を、日本人学生は否が応でも自覚せざるを得なくなるでしょう。


ゆとり教育の弊害


かつての日本は、敗戦による荒廃からの復興を目指して、若者たちが懸命に勉強に励んでいました。団塊世代と言われる当時の若者はみな、ハングリー精神に燃え、その若者達が、まさに日本の高度成長を支える柱だったのです。

やる気のある中国人留学生の姿は、かつての日本人学生の姿がそうであったように、そのまま中国の目覚しい発展とリンクしていることは間違いありません。

新聞記事にもあるように、日本人学生と中国人留学生の違いは、頭脳の違いというより、やる気、積極性、ハングリー精神の違いに過ぎませんが、日本人学生からやる気を奪った原因の一つが、所謂「ゆとり教育」にある事は、間違いないでしょう。

「ゆとり教育」と言えば、聞こえはいいですが、要するに「出る杭は打つ」教育方針です。後から付いて来る子に歩調をあわせるため、先へ行く子の頭を叩き、待ったをかける訳ですから、やる気が削がれるのも無理はありません。

いま日本人学生の学力が世界的に見て低下している事が指摘されていますが、学問に限らず、やる気、積極性、ハングリー精神がなければ、何をやるにしても成し遂げる事は難しいでしょう。

出来るか出来ないかではなく、やるかやらないか、やる気を起すか起さないかの違いで、決定的な差が生まれる事を、中国人留学生は教えてくれているのです。


相撲界を支える外人力士


大相撲のお好きな方もおられるでしょうが、秋場所で全勝優勝した日馬富士が、晴れて第70代横綱に昇進しました。

東西の両横綱が揃い、これで大相撲人気も少しは持ち直してくれるのではないかと期待していますが、特筆すべきは、東西の両横綱が、いずれもモンゴル出身だという事です。

700人ほどいる力士の中で、外人力士は僅か54人に過ぎませんが、残念ながら、いまの大相撲は、外人力士に支えられているといっても過言ではありません。

54人の中で最も多いのは、モンゴル出身力士で、外人力士が占める割合は全体の僅か7.7%に過ぎませんが、この数字が、一人前の関取と言われる十両以上になると、28.6%に跳ね上がります。

つまり、70人いる十両以上の力士の中で、20人が外人力士で占められ、更に三役以上になると、11名の中でほぼ半分の5名が外人力士となるのです。

一部屋に外人1人という制限があるため、いまは何とかこの数字で抑えられていますが、もしこの制限が外されれば、上位陣は、ほとんど外人力士で占められ、日本人力士が入り込む余地はなくなる時代が来るかも知れません。

どうして、日本人力士と外人力士との間でこれほどの差が生まれるのかと言えば、やはりここでも体格の違いではなく、やる気、積極性、ハングリー精神の違いではないかと思います。

モンゴルには、角界に入りたくて、待っている若者が大勢いるにも拘らず、一部屋外人一人という制限が有るため、空きが出来るのを待っている状態だそうです。

日本と比べれば、モンゴルはまだ貧しく、大相撲でよい成績を残せば、国に錦を飾って帰れる訳ですから、モンゴル出身力士のやる気、ハングリー精神は、日本人力士に比べ、群を抜いているのです。

モンゴル出身力士が、あれだけの力を発揮出来るのは、体格が日本人力士と比べて、特別恵まれているからではなく、やる気、ハングリー精神に燃えているからである事は、横綱になった日馬富士を見れば、明らかではないでしょうか。

他の力士に比べ、体格が大きい訳ではなく、むしろ小さい方である日馬富士が横綱になれたのは、やはり、やる気、ハングリー精神が他のどの力士よりも勝っているからです。

世界有数の経済大国になり、生活が豊かになればなるほど、国民全体が、やる気、ハングリー精神を失ってしまい、その現象が、角界にも、学生の間にも現われてきているのが、今の日本の現状ではないでしょうか。


感動を呼んだ新聞記事


やる気を起すという事は、自立するという事であり、何事に対しても決して諦めないという事です。

アメリカのケネディ大統領が「最も尊敬する日本人」としてその名を挙げた米沢藩の第九代藩主、上杉鷹山の歌に、

 為せば成る 為さねば成らぬ何事も
    成らぬは人の 為さぬなりけり

という歌がありますが、上杉鷹山こそ、やる気を起こし、いかなる苦境に直面しても決して諦めず、存亡の危機に陥っていた米沢藩を救った立役者と言えましょう。

ケネディ大統領が「尊敬する日本人は誰ですか」と尋ねられ「上杉鷹山」の名前を挙げたのは、彼が、一人一人が自立し(自助)、助け合い(互助)、何事に対しても諦めず、大自然の摂理に従って生きる時、初めて、豊かで美しい国造りが出来る事を実証した日本人だったからに他なりません。

 お金や物を失くす事は小さく失くす事であり、
    信用を失くす事は、大きく失くす事であり、
    やる気を失くす事は、すべてを失くす事である

という言葉がありますが、やる気の大切さで思い出すのは、二年前の平成22年1月23日の北國新聞に掲載された記事です。

当時、”読んで幸せになった記事”を読者が選ぶ(財)日本新聞協会の「ハッピーニュース大賞」にも選ばれ、話題になりましたが、北國新聞には、「受験生間に合った 新潟ー輪島 トラック善意の夜通し運転」と題する、次のような心温まる記事が掲載されました。

航空高石川(輪島市)の推薦入試受験へ、埼玉県内から列車を乗り継いで同校へ向かう途中、大雪のため新潟県内で足止めされた中3女子が、ヒッチハイクしたトラック運転手の夜通しの運転に助けられ、間一髪で受験開始に間に合った。

同校では22日までに「困難にめげず頑張った、ある受験生の話」として全校集会で紹介し、夢実現へ努力する生徒達の胸を打った。

女子生徒は1月17日午前9時10分開始の試験に向け、前日から母親と夜行列車などを乗り継いで輪島市へ向かう予定だった。しかし、新潟県長岡市まで行ったところで、大雪による列車運休で足止めを余儀なくされた。

17日午前0時過ぎ、二人は試験に間に合わないと判断し、列車を降りてヒッチハイクを決意。通りかかったトラックに上越市内まで送ってもらい、さらに同市の給油所に立ち寄った車に同乗を頼んで回った。

寒風の中、数台に断られながらも必死に石川方面に向かう車を探すと、山形県内の運送会社のトラック運転手が快諾してくれた。同乗は「金沢市まで」との約束だった。だが、運転手は同市に近づくと「よし、輪島まで行っちゃる」とハンドルを切り、進行方向を北に変えた。

試験開始の約10分前、二人は学校に到着、ぎりぎりではあるが、善意のリレーで間に合った。事前の電話連絡で「欠席」と踏んでいた教員が驚いて出迎えると、運転手は「うちの娘も受験生だから気持ちはよく分かる」と控えめに語り、名前や行き先なども告げずに立ち去ったという。

作文試験に臨んだ女子生徒は出題されたテーマを見て、目を丸くした。「私が感動したこと」。迷うことなく、女子生徒は直前まで起こった「感動」をありのまま書き記した。深夜に見ず知らずの親子を運んだ運転手の温かさ、「絶対にあきらめない」と懸命に車を探してくれた母を通して「人の優しさに感動した」とつづった。

女子生徒の作文に目を通した浅川正人副校長は「運転手の善意に感謝でいっぱい。簡単にあきらめない生徒も立派だった」と目を細めた。

女子生徒には21日、合格通知が届けられた。


悪縁を良縁に変えた母子の決意


この母子にとって、不幸だったのは、大雪のため列車が止まり、足止めされた事でした。足止めを余儀なくされた母子にとって、大雪は不幸な出来事以外の何ものでもありません。

ここまでの不幸な出来事は、この母子の力ではどうする事も出来ない不可抗力と言えましょうが、母子の幸不幸を分けたのは、ここから先の二人の行動でした。

この母子は、大雪による列車運休という不幸な出来事を、不幸なままでは終わらせず、ヒッチハイクをしながら試験会場に向かう事を決意するのですが、その決意は、不幸な出来事を幸運な出来事に変え、ついに目的を成し遂げてしまったのです。

善意あるトラック運転手さんとの出会いという幸運に恵まれた事が、目的を成し遂げられた要因の一つですが、この幸運を引き寄せたのは、最後まであきらめなかった母子の決意(やる気)であった事は言うまでもありません。

もし大雪による列車運休という不幸な出来事に屈して輪島行きをあきらめていれば、その時点で、女子生徒の夢は挫折し、この運転手さんとの出会いもなかったでしょう。

しかし、数台の車から同乗を断られながらもあきらめず、将来はパイロットとなって航空関係の仕事がしたいという夢の実現に向けた女子生徒の強い想いと、夢を叶えさせたいという母親の決意が、善意の運転手さんによる長岡から上越、そして輪島への善意のリレーとなって実を結んだのです。

そればかりか、作文試験に出題されたテーマが、「私が感動したこと」という、まるで善意のリレーによって目的を成し遂げた母子の為に用意されたかのようなテーマだったのですから、驚きという他はありません。

この一連の出来事は、一見すると偶然の連続のように見えますが、少なくとも、この母子が、大雪による列車運休という最初の不幸な出来事に屈していれば、その後につながる数々の良き出会いにはめぐり会えなかった事は間違いないでしょう。

最後までやる気を起し、あきらめなかったからこそ、善意の運転手さんとの出会いも生まれ、「私が感動したこと」という、母子の為に用意されたのではないかと見まがうようなテーマにも、出会えたのではないでしょうか。

たとえそれが偶然であったとしても、ただ座して待っているだけでは、良き偶然は引き寄せられません。やる気を奮い起こし、決してあきらめない姿勢が、大きな夢を引き寄せる事を、この母子は教えてくれたのです。

合掌

やる気が人生を変える(1)
やる気が人生を変える(2)
やる気が人生を変える(3)
法話の小部屋Top


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


サイト内検索 help
 


法徳寺の草花と自然

ソメイヨシノ

キンモクセイ(金木犀)
(花言葉 変わらぬ魅力)

 


法話の小部屋Topへ


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


高野山法徳寺(たかのやまほうとくじ) TEL:0551-20-6250 Mailはこちらから
〒408-0112 山梨県北杜市須玉町若神子4495-309 FAX:0551-20-6251 お問合せフォーム