桜紋の扉―自殺防止への取り組み、納骨堂「帰郷庵」へのご納骨、供養の意義などについてご紹介します。
桜紋の扉 法徳寺の扉 御祈願の扉 汗露水の扉 御法歌 法話の扉 帰郷の扉 升紋の扉
御法歌とは御法歌の栞聖歌集夢殿の歌碑歌碑の御奉納

極楽に ()くも地獄に()つるにも

(おの)諸業(しょごう)が もととなるなり



自分を救える者


芥川龍之介の『蜘蛛の糸』という短編小説を、皆さんも御存じだろうと思います。

或る時、極楽の蓮池のほとりを歩いておられたお釈迦様が、蓮の葉の間から地獄の有様をご覧になったところ、地獄の底の方でカンダタという一人の男がもがき苦しんでいました。

このカンダタは、様々な罪を犯した極悪人でしたが、道端をはってゆく小さな蜘蛛の命を助けた事があり、お釈迦様は、その果報として、地獄から救われるチャンスを与えてやろうと、極楽の蜘蛛の糸をカンダタの頭上に下ろされました。

カンダタがふと上方を見上げると、銀色に光り輝く蜘蛛の糸がゆらりゆらりと下りてきました。

これはしめたとばかりに、カンダタは、さっそくその糸を上り始めましたが、途中でふと下の方を見ると、地獄へ堕ちた大勢の亡者たちが、その蜘蛛の糸につかまって、カンダタの後から次々と上ってくるではありませんか。

それを見たカンダタは、蜘蛛の糸が切れたら大変だとばかりに、「この蜘蛛の糸は俺のものだ。誰の許しを得て上ってくるのだ。みんな早く下りろ」と叫び、すぐ下の男の頭を蹴飛ばしました。

ところが、その瞬間、蜘蛛の糸は、カンダタの手元のところでプツリと切れ、あっという間に、蜘蛛の糸もろとも地獄の底へ真ッ逆さまに堕ちてゆきました。

その一部始終をご覧になっておられたお釈迦様は、わが身の事しか考えないカンダタの心根を哀れに思われたのでした。

僅か数ページの短編小説ですが、この小説を読んで、「あの心では地獄へ堕ちても仕方がない」と思われる方もいれば、「好きで悪人になる人間はいないのだから、カンダタが哀れだ」と思われる方もいるでしょう。

どのように感じるかは人さまざまですが、確かなことが一つあります。それは、 自分を救えるのも、自分を不幸にするのも、自分以外にはいないという事です。

自分が不幸になるのは、親のせいだ、子供のせいだ、誰々のせいだ、社会のせいだと言って、不幸の責任を自分以外の何かに転嫁している人を、よく見かけますが、自分以外に自分を不幸に出来る者など、一人もいないのです。

自分を救える者は自分しかいないからこそ、自分を救う心を養わなければいけないのですが、自分を救う心とは、どの様な心なのでしょうか。それを教えてくれているのが、『蜘蛛の糸』の主人公カンダタです。


蜘蛛の糸の正体


私は、小さい頃、この小説を読んで、「何故細い細い蜘蛛の糸を、あんなに大勢の人が上っても切れないのだろう」と不思議に思った事がありますが、蜘蛛の糸の正体を知った時、「だから、切れなかったのだ。なるほどなあ」と、自分ながらに納得して、妙に嬉しかった事を覚えています。

蜘蛛の糸の正体と言いましても、超合金で作られた糸であるとか、切っても切れない奇蹟の糸であるなどと言っているのではありません。

要するに、お釈迦様が垂らされた蜘蛛の糸というのは、ただの蜘蛛の糸ではなく、蜘蛛の命を救ったカンダタの心を象徴している蜘蛛の糸なのです。

自分以外の人の事を思う心を仏教で菩提心(ぼだいしん)と言いますが、お釈迦様は、目に見えないカンダタの菩提心を、蜘蛛の糸という目にみえる形を借りて、カンダタの下へ送られたのです。

蜘蛛の糸が銀色に光り輝いていたのは、それが光り輝く菩提心を象徴しているからであり、この菩提心こそ、カンダタを極楽へ導く蜘蛛の糸の正体に他なりません。

「さあ、この蜘蛛の糸が、あなたを極楽へ導く菩提心だよ。この菩提心の糸を伝って極楽へ上ってきなさい」

ただの細い蜘蛛の糸であれば、ぐに切れてしまうでしょうが、カンダタや大勢の亡者が上ってきた蜘蛛の糸は、カンダタの菩提心を象徴する蜘蛛の糸ですから、幾ら細くても、カンダタの菩提心が失われない限り、絶対に切れる事はありません。

ところが、自分の後から次々と上ってくる大勢の亡者を見た途端、カンダタは思わず、自分さえ助かればいいという浅ましい心を起こしてしまったのです。

その途端、カンダタの手元で蜘蛛の糸が切れて再び地獄へ堕ちていったのですが、切れたのは、蜘蛛の糸ではなく、蜘蛛の糸に象徴されているカンダタの菩提心です。

菩提心の糸によって極楽へつながれているカンダタですから、その菩提心が切れれば、その象徴である蜘蛛の糸が切れて地獄へ堕ちてゆくのは当然です。

小説では、蜘蛛の糸がカンダタの手元のところで切れたと書かれていますが、厳密に言えば、切れたのではなく、カンダタが自ら切ったのです。

菩提心を起こすも失くすもすべて、カンダタ自身の手にかかっていますから、カンダタ以外に、カンダタの菩提心を切れる者など一人もいません。

「墓穴を掘る」という言葉がありますが、自分の事だけを考えていては、自分も救われないのです。

もしカンダタに、自分と同じように地獄へ堕ちた人たちのことを少しでも憐れむ心(菩提心)があれば、「みんなも私と一緒に上ろう。そして共に救われよう」と言えた筈ですし、そうすればカンダタも救われたのです。

蜘蛛の糸は、幾ら細くても、菩提心を失くさない限り、絶対に切れませんが、菩提心を失くせば、一瞬にして切れるもろい糸と化するのです。

つまり、人間は、自分の幸せだけを考えるから救われるのではなく、他人のことを思える心が、自分を救うのであり、他人のことが思えたら、それが極楽往きの切符であり、極楽へ通じる蜘蛛の糸となるのです。
  人思い 人を忘れぬ人ならば
    功徳の果報 わが身に及ぶ
  己(おの)が身は 楽であろうと苦であろうと
    人にはかけよ 慈悲と情(なさけ) を


御法歌のしおりTopへ


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

サイト内検索 help
 


法徳寺の草花と自然

ソメイヨシノ

ヤマザクラ(山桜)
(花言葉 あなたに微笑む)

 


御法歌のしおりアーカイブへ


 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


高野山法徳寺(たかのやまほうとくじ) TEL:0551-20-6250 Mailはこちらから
〒408-0112 山梨県北杜市須玉町若神子4495-309 FAX:0551-20-6251 お問合せフォーム