桜紋の扉―自殺防止への取り組み、納骨堂「帰郷庵」へのご納骨、供養の意義などについてご紹介します。
桜紋の扉 法徳寺の扉 祈りの扉 汗露水の扉 御法歌の扉 法話の扉 帰郷の扉 升紋の扉

希望の道




希望の道


作詞・作曲  大西良空


夢を乗せて 夜空の果てまでも
 飛んでゆきたい 流れ星のように
 誰もがみな 青い鳥に恋して
 幸せさがしの旅を つづけているけど
 幸せをはこぶ その鳥はいつでも
 そばであなたのこと 見つめているのさ
 今日から明日へと つづく希望の道を
 後を振り向かないで 歩きつづけて

たとえ今が どんなに辛くても
 あなたならきっと 越えてゆけるから
 汗も涙も 悲しさも寂しさも
 強く生きてゆくための 糧となるのさ
 雨に打たれながら 微笑んでいる
 今日から明日へと つづく希望の道を
 あきらめないでずーと 歩きつづけて

花も緑も 小鳥も虫たちも
 みんなあなたのこと 見つめているのさ
 今日から明日へと つづく希望の道を
 後を振り向かないで 歩きつづけて
 今日から明日へと つづく希望の道を
 あきらめないでずーと 歩きつづけて

 



小惑星探査機「はやぶさ」の帰還


7年前の平成15年(2003)5月9日に打ち上げられた小惑星探査機「はやぶさ」が、今年6月13日、7年間の航海を終えて、無事地球に帰還しました。

7年前と言えば、高野山法徳寺が山梨県北杜市若神子(ほくとしわかみこ)の聖地に開創される1年ほど前になりますが、「はやぶさ」が向かったのは、地球の軌道とよく似た軌道を持ち、日本のロケット開発の父である故糸川英夫博士にちなんで「ITOKAWA」(イトカワ)と名付けられた、長さ600メートル、幅300メートルの、サツマイモのような形をした小惑星(左の写真)で、その表面を詳しく観測して、惑星にある物質のサンプルを持ち帰るのが主な目的でした。

人類が過去に物質サンプルを持ち帰ったのは月だけですから、これが成功すれば二度目の快挙という事になりますが、月と違い、小惑星「ITOKAWA」は、太陽系が誕生した約46億年前の姿を今も保ち続けている化石のような天体と言われ、物質のサンプルを持ち帰る事が出来れば、太陽系誕生にまつわる様々な手がかりが得られ、その科学的意義は極めて大きいと、その成果に大きな期待が寄せられていました。

しかし、「はやぶさ」の旅は、トラブルに次ぐトラブルの連続でした。

打ち上げ直後、4基あるイオンエンジン(注1)の1基の不調が判明し、「ITOKAWA」着陸前には、姿勢制御装置3台中2台の故障に見舞われました。

さらに、2005年11月、「ITOKAWA」に二度目の着陸を試み、離陸した直後に、化学エンジンが燃料漏れを起こし、漏れた燃料がガス化して噴き出したため制御不能となり、太陽電池パネルが太陽からの光を受けられなくなって、一時は通信も途絶えて行方不明になってしまいました。

「はやぶさ」からの微弱な信号をキャッチできたのは、行方不明になってから7週間後の2006年1月で、何とか交信できるまでに回復したものの、それによって、地球への帰還予定がさらに3年延びる事になりました。

12台の姿勢制御用化学エンジンすべてが故障してしまったため、機体を推進させるために使用するイオンエンジンを使い、燃料であるキセノンガスを直接噴射するという目的外の使い方で姿勢を制御し、さらにイオンエンジンは、地上で一円玉を持ち上げるくらいの力しかないため、太陽から降り注ぐ太陽光線さえも電池パネルで受けて推進力の助けとするなど、まさに宇宙空間をヨットの帆を張って漂っているかのような状態で、奇跡的な飛行を続けました。

ところが、地球帰還が目前に迫った2009年11月に、最後の頼みの綱であった、帰還に欠かせないイオンエンジンまでもが故障し、この時は、さすがに地球への帰還が危ぶまれましたが、万が一の時の為にと備え付けておいたイオンエンジン同士を結ぶ予備回路を使い、故障した二つのイオンエンジンをつないで一つのイオンエンジンとして蘇らせるクロス運転を実現させて、ようやく地球へ帰還する事が出来たのです。

まさに「はやぶさ」は満身創痍の状態で、これだけのアクシデントに見舞われながら無事に帰還出来たのは奇蹟と言っても過言ではありません。

6月13日、60億キロメートルの長い旅を終え、「ITOKAWA」から回収した物質のサンプルが入っていると期待されるカプセルを分離した後、大気圏へ再突入し、真っ暗闇の夜空を、幾筋もの赤い炎の尾を引きながら燃え尽きていった「はやぶさ」の勇姿は、テレビなどで全世界に放映されましたが、その姿は余りにも美しく、感動的でした。

「はやぶさ」が分離したカプセルは、オーストラリア南部のウーメラ砂漠に降下して、無事に回収されましたが、このカプセルは、その役目を果たして大気圏で燃え尽きた「はやぶさ」が、自分の命と引き換えに人類に託した「希望の子」なのではないでしょうか。


「はやぶさ」が残したメッセージ


この「はやぶさ」の7年にも及ぶ苦難の航海を見て思うのは、まるで私達の人生そのものを見ているようだという事です。

今回の「はやぶさ」の航海の目的は、太陽系誕生にまつわる様々な疑問を解明する手がかりとなる「ITOKAWA」の物質サンプルを持ち帰る事であり、地上に落下したカプセルの中に物質サンプルが入っているか否かが、最大の関心事である事は言うまでもありません。

しかし、今回の「はやぶさ」の帰還には、もっと別の大きな意義があるような気がしてなりません。つまり、様々な苦難を乗り越えて帰還し、最後に燃え尽きていった「はやぶさ」は、私たち人類に大きなメッセージを残していってくれたような気がするのです。

そのメッセージとは、「いかなる苦難に遭遇しても決してあきらめず、最後まで希望を捨ててはいけない事」、そして「自らの命を燃やし尽くしても守らなければならないものがある事」です。

私達の人生にも、「はやぶさ」が遭遇したような苦難や災難が、大なり小なり付いて回っており、何の苦難にも遇わずに生きてゆける人など一人もいません。誰もが、様々な悩みを抱き、苦しみ、挫折し、絶望しながら、よりよく生きようと懸命に努力しているのですが、苦難を前にして、挫折してしまう人も決して少なくありません。

「はやぶさ」が遭遇したように、苦難は、私達の生きる希望と勇気を打ち砕こうとするかのように何度も訪れては、その行く手を阻もうとします。

しかし、「はやぶさ」は、その苦難をことごとく乗り越え、最後は自らの身を焼き尽くしながら、カプセルを地上に持ち帰るという大きな使命を成し遂げました。

その「はやぶさ」の苦難の旅を思えば、カプセル内に、「ITOKAWA」の物質サンプルが入っていて欲しいと願わずにはいられませんが、仮にサンプルがなくても、「はやぶさ」が幾多の苦難を乗り越えて無事帰還を果たしたその道のりは、人類に対する最大のプレゼントとなったのではないでしょうか。

何故なら、「はやぶさ」がたどった60億キロメートルの道のりは、ただ苦しいだけの苦難の道のりではなく、苦難から奇蹟を生み、明日へと続く希望の道のりでもあったからです。

「はやぶさ」は、「どんな苦難に遭遇しても決してあきらめず、最後まで希望を捨ててはいけない」「身を捨てても守らなければならないものがある」というメッセージを、私達人類に残すことによって、太陽系が誕生し、地球上に人類が誕生して以来、私達が求めてやまなかった幸せの扉を開く鍵とは何か、全てを成し遂げる原動力とは何かを、見事に証明してくれたのです。


イチロー選手とエジソンの言葉


アメリカ大リーグ、シアトル・マリナーズ所属のイチロー選手が、次のような事を言っています。

「努力せずに何かできるようになる人のことを天才というのなら、僕はそうじゃない。努力した結果、何かができるようになる人のことを天才というなら、僕はそうだと思う」(イチロー選手)

「何の努力もせず、生まれつきの才能だけで、何か結果を出したという人を天才と言うなら、僕はそうじゃない。でも、人より何倍も努力して、結果を出した人を天才と言うなら、僕はそうだと思う」という言葉は、イチロー選手が人より何倍も努力して何かを成し遂げた人だからこそ言える言葉だと思いますが、同じ事を言っている人がもう一人います。

それは、発明王のトーマス・エジソンです。84歳でその生涯を閉じるまで数々の発明をし、「発明王」と言われたトーマス・エジソンには、様々なエピソードが伝えられていますが、或る時、彼の知人がこう質問しました。

「私が仮にあなたと同じ様に知恵があって、同じ様に努力しても、あなたと一緒にはなれないと思う。やはりあなたは天才なのですよ」

するとエジソンは、

「それは違う。やはり、あなたの努力が足りないのだよ」

と答えたそうですが、そのエジソンが残した有名な言葉が、「天才とは、1パーセントのひらめきと、99パーセントの汗(努力)である」という言葉です。

この言葉は、先ず天才的なひらめきがあり、そのひらめきを形にする為に、99パーセントの努力が必要なのだという意味だと言う人もいますが、私は、自らの体験から、「人より何倍も何倍も努力し、99パーセントの努力があって、初めてそこに1パーセントのひらめきが生まれる」という意味ではないかと思います。

よく悟りについて尋ねられますが、私自身の体験をお話すれば、或る日突然何らかの悟り(1パーセントのひらめき)があり、それを日々の仏行(99パーセントの努力)によって確かめてゆくのではなく、たゆまぬ日々の仏行(99パーセントの努力)があって、初めて開けるのが、悟り(1パーセントのひらめき)なのです。

しかも、自ら悟ろうと思って悟っているのではなく、たゆまぬ日々の仏行を重ねていると、必要な時に必要な悟りを与えて頂けるのですから不思議です。日々の仏行をせずに得た悟りなど、一つもないと言っていいでしょう。

ですから、「先ず天才的なひらめきがあり、そのひらめきを形にする為に、99パーセントの努力が必要なのだ」という意味には、どうしても解せないのです。

エジソンは、「悩み、苦しみ、失敗し、血と汗と涙を振り絞って努力を重ねた暁に、ようやく1パーセントのひらめきが生まれるのだ。だから天才とは、他の誰よりも悩み、苦しみ、挫折し、絶望し、努力した人の事を言うのだ。私は天才でも何でもない。ただの努力家ですよ」と答えたそうですが、イチロー選手も実は同じ事を言っています。

「結果が出ないとき、どういう自分でいられるか。決してあきらめない姿勢が、何かを生み出すきっかけをつくる」(イチロー選手)

人生には、努力しても努力しても、自分の思うようにいかない時が度々あります。人生におけるスランプと言ってもいいでしょうが、イチロー選手は、「たとえ努力して思うような結果が出なくても、そこで諦めてはいけない。そこで諦めない心が、必ず新しい何かを生み出す」と言っているのです。

「新しい何か」とは、エジソンの言う「1パーセントのひらめき」でしょうが、さらにエジソンは、「99パーセントの努力をすれば、必ずひらめきは生まれる。ひらめきは用意されている。努力精進を欠かしてはいけないけれど、努力をすれば、必ずその答えは用意されている。神が用意をして下さっている。何故なら、ひらめきは、神の答えだから」とも言っています。

エジソンの言葉を借りれば、「悟りは、み仏が用意して下さった答えである」という事になりますが、答えがあるからには、必ずその前にみ仏への問いかけがなければなりません。

その問いかけとは、エジソンの言う「99パーセントの努力」であり、イチロー選手の言う「決してあきらめない姿勢」であり、日々の仏行の実践であります。

地球への帰還を果たすため最後の頼みの綱であったイオンエンジンが全て故障し、「はやぶさ」の帰還がほぼ絶望視された時、宇宙航空研究開発機構(JAXA)の関係者が思いついたのは、故障している二台のイオンエンジンの生き残った部分を予備回路でつなぐという離れ技でした。

この離れ技が見事に功を奏し、イオンエンジンが復活して、「はやぶさ」は無事地球への帰還を果たす事が出来たのですが、このような奇蹟をもたらしたのは、エジソンが言う「99パーセントの汗(努力)と、神が用意して下さった1パーセントのひらめき」があったからである事は言うまでもないでしょう。


決して諦めない心


イチロー選手は、「苦悩というのは、前進したいという思いがあって、それを乗り越えられる可能性のある人にしか訪れない。だから苦悩とは飛躍なんです」と言っていますが、まさにこの言葉通り、「はやぶさ」がたどった60億キロメートルの旅は、苦難に次ぐ苦難の道のりであると同時に、飛躍に次ぐ飛躍の道のりでもありました。

誰もが「はやぶさ」の帰還に祝福を送り、感動を覚えるのは、たどった道のりがそのまま私達の人生と重なり、生きる上でのお手本となっているからではないでしょうか。

「はやぶさ」は、「苦しみというのは、もっと良くなりたい、もっと幸せになりたいという気持ちがあって、しかも、その苦しみや試練を乗り越えられる可能性のある人にしか訪れない。だから、自分に苦しみや試練が訪れた時は、飛躍する最良の時なのです」と言うイチロー選手の言葉を、見事に実証して見せてくれたのです。

菩薩様の法歌に、
  人はみな 仏の慈悲にと育てられ
    苦楽の中で 人となりゆく
 という法歌がありますが、イチロー選手の言葉を歌に詠めば、まさにこの歌の通りになるでしょう。

私達に様々な苦難や災難が訪れるのは、誰もが、もっと良くなりたい、もっと幸せになりたいという真剣な願いを持ち、しかも様々な苦悩を乗り越えられる可能性を持っているからです。

結局、菩薩様がおっしゃっておられる事も、イチロー選手が言っている事も、エジソンが言っている事も、みな同じであって、「苦しみに遇っても、それに負けてはいけない。その苦しみを乗り越えていかなければいけない。乗り越えた先に必ず結果が待っているのだから」という事です。

世間の人々は、みな最初は努力をするのです。一応努力はしてみるのです。

しかし、努力をしても結果が出ないと、みんなそこであきらめて、挫折してしまうのです。これでは、いつまでたってもその先には進めません。

世の中で成功する人や、願いを実現する人には、みな共通点があります。それは、苦しみにあっても、そこで挫折したり、あきらめたりせず、その試練を乗り越えてゆくという事です。

イチロー選手は、幾多の試練を何度も何度も乗り越えて来た人ですが、ただ生まれつきの才能で乗り越えてきたのではなく、人より何倍も努力して乗り越えてきた人だという事が、彼の言葉を見ればよく分かります。

苦難を乗り越えられる人は、生まれつき心の強い人だという人がいますが、私はそうは思いません。

「はやぶさ」が、想定外のアクシデントに何度も見舞われながら、一回りも二回りも強くなり、たくましく成長していったように、人は、苦しみや試練に遇って何度も叩かれている内に、だんだん強くなっていくのです。強くならざるを得ないのです。エジソンが、「99パーセントの努力」と言い、イチロー選手が、「決してあきらめない姿勢」と言う意味が、ここにあります。

これは信仰においても同じで、今日信仰すれば、明日その結果が出るというようなものではありません。信仰したからと言って、その日から何もかも思い通りに行くものではないのです。信仰しても、様々な試練が待っています。苦しみもあります。壁にもぶち当たります。

しかしそこで、「何だ!信仰しても何も良い事など無いではないか」と思ってあきらめ、努力を放棄してしまうか、それとも「まだまだ私の信心が浅いのだ。努力が足りないのだ」と悟って、もっともっと精進して信心を深くしていくか、それによって、目の前の試練を乗り越えられるか否か、人生の成功者となれるか否かが決まるのです。

勿論、イチロー選手が言うように、乗り越えられない試練なら、最初から与えられていません。その人に救われて欲しい、幸せになって欲しいから、神仏は、試練を与え、心を叩くのです。

これからも皆さんの心を打つ様々な苦しみや試練があると思いますが、決してあきらめず、希望を持って、夢の実現に向け、歩き続けて頂きたいと思います。

合掌

平成22年8月13日




このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

サイト内検索 help
 


法徳寺の草花と自然

シチダンカ(七段花)
花言葉−ひたむきな愛

 


自殺防止に向けてTopへ



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

はやぶさ

 

 

 

 

 

 

 

(注1)独立行政法人・宇宙航空研究開発機構(JAXA・ジャクサ)の宇宙科学研究所が開発し、NECが製造した人工衛星用の推進装置(エンジン)。推進剤のキセノンガスをマイクロ波でイオン化し、高速に噴射し推進力を生み出す。従来の化学エンジンは、排出ガス速度が毎秒3キロメートル程度なのに対し、イオンエンジンは、毎秒30キロメートルもあり、同じ推進力を生み出すために必要な燃料が10分の1ですむことから、長期間の運用が求められる静止衛星や深宇宙探査機向けの推進装置に適している。地球上では一円玉をやっと持ち上げるくらいの力しかないが、地球を飛び出した後で続けて運転すれば時速5000キロまで加速できる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トーマス・エジソン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


高野山法徳寺(たかのやまほうとくじ) TEL:0551-20-6250 Mailはこちらから
〒408-0112 山梨県北杜市須玉町若神子4495-309 FAX:0551-20-6251 お問合せフォーム