桜紋の扉―自殺防止への取り組み、納骨堂「帰郷庵」へのご納骨、供養の意義などについてご紹介します。
桜紋の扉 法徳寺の扉 祈りの扉 汗露水の扉 御法歌の扉 法話の扉 帰郷の扉 升紋の扉

この愛をあなたに




この愛をあなたに

作詞・作曲  大西良空

夜空にかがやく 星座のように
 みんな結ばれて 生かされている
 明日を夢見て 生きてゆきたいから
 今をあきらめないで 生きるのさ

人のやさしさに つつまれた日から
 愛という字を 心にきざんで
 みんなひとりで 生きてゆけないから
 人に愛されるより 愛したい

こころとこころが そっと触れ合うとき
 熱き血潮が胸に こみあげる
 熱き涙が頬を 濡らすのさ

 



感動を呼んだ新聞記事


今年1月23日の北國新聞に、「受験生間に合った 新潟ー輪島 トラック善意の夜通し運転」と題する、次のような心温まる記事が掲載されました。

航空高石川(輪島市)の推薦入試受験へ、埼玉県内から列車を乗り継いで同校へ向かう途中、大雪のため新潟県内で足止めされた中3女子が、ヒッチハイクしたトラック運転手の夜通しの運転に助けられ、間一髪で受験開始に間に合った。

同校では22日までに「困難にめげず頑張った、ある受験生の話」として全校集会で紹介し、夢実現へ努力する生徒達の胸を打った。

女子生徒は1月17日午前9時10分開始の試験に向け、前日から母親と夜行列車などを乗り継いで輪島市へ向かう予定だった。しかし、新潟県長岡市まで行ったところで、大雪による列車運休で足止めを余儀なくされた。

17日午前0時過ぎ、二人は試験に間に合わないと判断し、列車を降りてヒッチハイクを決意。通りかかったトラックに上越市内まで送ってもらい、さらに同市の給油所に立ち寄った車に同乗を頼んで回った。

寒風の中、数台に断られながらも必死に石川方面に向かう車を探すと、山形県内の運送会社のトラック運転手が快諾してくれた。同乗は「金沢市まで」との約束だった。だが、運転手は同市に近づくと「よし、輪島まで行っちゃる」とハンドルを切り、進行方向を北に変えた。

試験開始の約10分前、二人は学校に到着、ぎりぎりではあるが、善意のリレーで間に合った。事前の電話連絡で「欠席」と踏んでいた教員が驚いて出迎えると、運転手は「うちの娘も受験生だから気持ちはよく分かる」と控えめに語り、名前や行き先なども告げずに立ち去ったという。

作文試験に臨んだ女子生徒は出題されたテーマを見て、目を丸くした。「私が感動したこと」。迷うことなく、女子生徒は直前まで起こった「感動」をありのまま書き記した。深夜に見ず知らずの親子を運んだ運転手の温かさ、「絶対にあきらめない」と懸命に車を探してくれた母を通して「人の優しさに感動した」とつづった。

女子生徒の作文に目を通した浅川正人副校長は「運転手の善意に感謝でいっぱい。簡単にあきらめない生徒も立派だった」と目を細めた。

女子生徒には21日、合格通知が届けられた。

私は、この話を某テレビ局のお昼の番組で知ったのですが、毎日悲しいニュースばかりを見慣れている私の心は、大きな感動につつまれました。


私達の幸不幸を決めるもの


私達はみな、知ると知らざるとに拘らず、様々な縁によってつながっています。自分が生まれた家や親兄弟とは勿論、見ず知らずの多くの人々とも、みな縁によって結ばれているのです。

オギャーと生まれてきたのも、死んでゆくのも縁であり、愛する人と出会い、別れなければならないのも、遇いたくない人と遇わねばならないのもみな縁であります。

その縁は、時として私達を幸せにもすれば、不幸にもします。昔から「縁起をかつぐ」「縁起が良い」「縁起でもない」「縁起物」等と、日常生活の中に縁起という言葉が盛んに出てくるのも、縁によって私達の幸不幸が左右されていると考えられているからです。

しかし、実は、私達の幸不幸に決定的な影響力を持っているものが、もう一つあります。それは、言うまでもなく私達自身であります。

つまり、私達は、知らず知らずの内に、自らの手で、幸せな縁を不幸にしたり、不幸な縁を幸せにしたりしているのです。

ですから、もしその事を自覚する事が出来れば、自分の思い方一つで、不幸な縁を幸せな縁に変える事も出来る筈であり、その事を教えてくれたのが、この母子ではないかと思うのです。



悪縁を良縁に変えた母子の決意


この母子にとって、不幸だったのは、大雪のため列車が止まり、足止めされた事でした。足止めを余儀なくされた母子にとって、大雪は不幸な縁以外の何ものでもありません。

ここまでの不幸な出来事は、この母子の力ではどうする事も出来ない不可抗力と言えましょうが、母子の幸不幸を分けたのは、ここから先の二人の行動です。

この母子は、大雪という不幸な縁を、不幸なままでは終わらせず、ヒッチハイクをしながら試験会場に向かう事を決意するのですが、その決意は、不幸な縁を幸運な縁に変え、ついに目的を成し遂げてしまったのです。

善意あるトラック運転手さんとの出会いという良き縁に恵まれた事が、目的を成し遂げられた要因の一つですが、この良き縁を引き寄せたのは、最後まであきらめなかった母子の決意である事を忘れてはならないと思います。

もし大雪による列車運休という不幸な縁に屈して輪島行きをあきらめていれば、その時点で全ては終わっていたでしょうし、この運転手さんとの出会いもなかった筈です。

しかし、数台の車から同乗を断られながらもあきらめず、将来はパイロットとなって航空関係の仕事がしたいという夢の実現に向けた女子生徒の強い想いと、夢を叶えさせたいという母親の決意が、不幸な縁を幸運な縁に変え、ついに長岡から上越、そして輪島へと、善意のリレーの輪がつながり、見事な花を咲かせたのです。

そればかりか、作文試験に出題されたテーマが、「私が感動したこと」という、まるで良き縁のリレーによって目的を成し遂げた母子の為に用意されたようなテーマだったのですから、驚きという他はありません。

この一連の出来事を偶然と見るお方もおられるでしょうが、少なくとも、この母子が、大雪による列車運休という最初の不幸な縁に屈していれば、その後につながる数々の良き縁にめぐり会えなかった事も事実であり、最後まであきらめなかったからこそ、「私が感動したこと」という、母子の為に用意されたのではないかと見まがうようなテーマにも、縁によってつながったのではないかと思います。

たとえ偶然であったとしても、ただ座して待っているだけでは、偶然は引き寄せられないのです。


見えぬ力の御業であるならば


今回の出来事は、最後まであきらめなかった母子の決意が、大雪という不幸な縁を良き縁に変えた感動的な出来事である事は言うまでもありません。

しかし、私は、不幸な縁であっても、自分の思い方一つで良き縁に変えられる事を、この母子を通して、多くの人々に伝えたいがためになされたお計らいではないかと思いたいのです。

つまり、大雪で列車が止まった事も、母子がヒッチハイクを決意した事も、その為に二時間余りも雪の夜道を歩かねばならなかった事も、長岡から上越市内まで乗せてもらえる車に出会えた事も、給油所で数人の運転手さんに同乗を断られた事も、善意の運転手さんに出会い、試験会場まで運んでもらえた事も、作文試験が「私の感動したこと」というテーマであった事もみな、そこに見えぬ力が働いている証ではないかと思うのです。

勿論、その見えぬ力は、都合の良い出来事だけに働いているのではなく、甚だ不都合な縁、悪しき縁としか思えない人生の様々な苦難や試練の中にも、働いています。

ですから、大雪で列車が止まった事や、その為に二時間余りも雪の夜道を歩かねばならなかった事や、給油所で数人の運転手さんに同乗を断られた事など、母子にとって不都合な出来事の中にも、間違いなくその見えぬ力は働いています。

そして、これらの不都合な出来事の一つでも欠けていれば、今回の感動的な結末は迎えられなかったのです。

だとすれば、これらの不都合な出来事もまた、その後につながる幸せの縁に遇わせたい為に計らわれたものであり、不都合な出来事の裏には、幸せを運んできてくれる見えぬ力が働いているに違いありません。

その見えぬ力を偶然と呼ぶか、神仏と呼ぶかは自由ですが、その正体が何であろうと、私達はその見えぬ力によって、この世へ送り出され、生かされ、そして死んでゆくのです。不都合な出来事に遇わされるのも、見えぬ力の為せる業と言えましょう。

大切な事は、その不都合な出来事を不都合なままで終わらせるのか、不都合なままで終わらせていいのかという事です。

大海の波は、穏やかに凪いで居る時ばかりではありません。すべてを飲み込む勢いで荒れ狂う時もあります。穏やかな波は好都合で、荒れ狂う波は不都合のように見えますが、荒れ狂う事によって、海中に漂う様々なゴミや不浄なものを岸辺に運び、海を浄化してくれているのです。 荒れ狂う不都合な波も、私達には欠かせないのです。

人生における様々な試練や苦しみも、それと同じで、それらが見えぬ力の御業であるならば、一度や二度の失敗や挫折で落ち込んだり、絶望したりする必要は全くないという事です。何故なら、失敗も挫折もみな、あなたを幸せにするために計らわれた出来事に他ならないからです。

ですから、失敗しても、また何度でもやり直せばよいのです。否、むしろ見えぬ力は、そうする事を期待しておられるに違いありません。

しかし、残念ながら、多くの人々は、様々な試練に出会った時点で挫折してしまい、その後につながる幸せの縁にたどり着く前にあきらめてしまうのです。

菩薩様は、
  苦しみは 苦しみぬける道ならば
    苦しむことを よろこべよ人
  いつの日か 苦難な縁起にあうときは
    苦しむことが 菩提への道
 と詠っておられますが、苦難な縁であればあるほど、その後につながる幸せの縁も、きっと大きい筈です。

しかし、幾ら幸せの縁が用意されていても、その前に立ちはだかる苦難を乗り超えなければ、幸せの縁には遇えませんし、引き寄せられません。その事を身を以て教えてくれたのが、この母子ではないでしょうか。

このホームページをご覧下さった皆様が、いかなる苦難に遇おうとも、決して挫けず、あきらめず、一歩一歩明日に向かって力強く生きていって下さる事を願ってやみません。


平成22年2月18日

まだ見ぬあなたに



日本航空高校石川の副校長・浅川正人先生が、4月21日、ご自身のブログに、当ホームページをご紹介下さいました。(https://blogs.yahoo.co.jp/jaaw2top/61179350.html

奇しくも、掲載して頂いた21日は、月こそ違え、弘法大師さま(お大師さま)が紀州高野山(こうやさん)に御入定(注1)された日(承和2年3月21日)で、お大師さまのご縁日なのです。そして、お大師さまと不二一体の生き仏となられ、平成の弘法大師と慕われているお方が、高野山(たかのやま)法徳寺の御本尊である普門法舟大菩薩様であります。

当山にとりましてご縁の深い21日付けのブログに掲載されたこの事実を、ただの偶然と見るか、不可思議と考えるかは人それぞれだと思いますが、たとえ偶然であったとしましても、私達は、このような御縁を結ばせて下さった偶然に感謝したい気持ちでいっぱいです。

日本航空高校石川を受験して見事合格した女子生徒も、わが子を最後まで支え続けた母親も、このような偶然の積み重ねがあったからこそ、合格の栄冠を勝ち取れたのだと思います。

私達の人生には、このような偶然が幾たびも訪れますが、ただの偶然として見過ごすか、その偶然を神仏の御業と感謝して心豊かに生きてゆくか、それによって人生は大きく変っていくものです。

信仰心とは、何も仏像の前に座って拝むことではありません。毎日遭遇している様々な偶然を神仏の御業と感謝できる心が、すでに尊い信仰心なのです。

合掌

平成22年4月24日




このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

サイト内検索 help
 


法徳寺の草花と自然

クレマチス(鉄線)
(花言葉 高潔、心の美)

 


自殺防止に向けてTopへ



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(注1)御入定(ごにゅうじょう)とは、肉身亡き後も、衆生救済の一念をこの世に留めて、悩み苦しむ人々の救世主として生き続けること。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


高野山法徳寺(たかのやまほうとくじ) TEL:0551-20-6250 Mailはこちらから
〒408-0112 山梨県北杜市須玉町若神子4495-309 FAX:0551-20-6251 お問合せフォーム