桜紋の扉―自殺防止への取り組み、納骨堂「帰郷庵」へのご納骨、供養の意義などについてご紹介します。
桜紋の扉 法徳寺の扉 祈りの扉 汗露水の扉 御法歌の扉 法話の扉 帰郷の扉 升紋の扉

な ぜ

─ いのちのプレゼント ─




な ぜ

─ いのちのプレゼント ─

作詞・作曲 大西良空

生まれ生まれ生まれ生まれて 灯されてきたいのち
 あなたが待っていた いのちのプレゼント

しあわせになりたい あなたがいて
 しあわせになれない あなたがいる
 なぜ なぜ なぜなの
 忘れないで しあわせは あなたが決めるのよ

生きてゆくことは つらいけど
 生かされてゆくのは しあわせなの
 なぜ なぜ なぜなの
 忘れないで しあわせは あなたが開くのよ

青い鳥さがして きたけれど
 気がつけばいつでも そばにいたの
 なぜ なぜ なぜなの
 忘れないで しあわせは あなたの心(なか)にある

なぜ なぜ なぜなの
 忘れないで しあわせは あなたを待っている
 なぜ なぜ なぜなの
 忘れないで しあわせは あなたのいのちなの

生まれ生まれ生まれ生まれて 運ばれてきたいのち
 みんなが待っていた いのちのプレゼント

 



自殺と深く係わっている生き方


この地上に存在する生き物の中で、自殺するのは人間だけだと言われています。

何故、人間は自ら命を絶つのでしょうか。人間が他の生き物と違って、精神的な悩み苦しみを感じる生き物だからでしょうか。

確かに人間には、生きる為の動物的本能の他に、より良く生きたいと願う向上心(真)、善悪を判断する知恵(善)、喜怒哀楽の感情や理性(美)が備わっています。

そして、それらの歯車が、順調に回転している内はいいのですが、空回りしたり、逆回転を始めたりすると、様々なストレスを感じるようになり、それが昂じていったその先に、自殺という一つの選択肢がある事も、事実として否定出来ないでしょう。

しかし、ストレスを感じている人の全てが、自殺への一歩を踏み出す訳ではありません。同じようにストレスを感じながら、自殺する人もいれば、自殺しない人もいるのです。

そこには、苦難な逆境を、ただ自分を苦しめるだけの邪魔者と捉えるか、それとも、自らの心身を磨き、進歩向上してゆく上で欠かせないものと受け止めるかという、その人の生き方、価値観の違いが、大きく影響しているような気がします。

昔から「玉磨かざれば光なし」という諺があるように、自分にとって耐え難い出来事であっても、否、耐え難い出来事であればあるほど、それは、人間が人間としてより良く成長していく上で、欠くことの出来ない研磨剤であり、潤滑油なのだと受け止める事が出来れば、空回りしていた歯車は、順調に回転し始めるでしょう。

しかし、それを否定的に捉え、マイナス面だけを見るなら、幾ら乗り越えられる試練であっても、その眼には、耐え難い精神的重圧を与える、只の邪魔者としか映りません。

でも、その試練のお陰で、自分が磨かれ、人間として成長していけるのだという思い開きが出来れば、耐え難い試練は成長の糧となり、やがて苦難に遇えた事に感謝する心さえ持てるようになるでしょう。

この事からも分るように、自殺の裏には、その人の人生観や価値観が深くかかわっており、だからこそ、逆境に直面した時は、もう一度、自分の生き方や人生観を見つめなおし、必要であれば、その生き方を百八十度転換していく事も重要なのではないかと思うのです。


自己犠牲と究極の愛(慈悲)の違い


自殺と似て非なるものに、自己犠牲と言われる行為があります。

これは、自分以外のものを救う為に、自らを犠牲にする行為で、例えば、イエス・キリストが、人類の罪を贖(あがな)うために十字架を背負った行為が、これに当ると言われます。

また、菩薩様が代苦者となって苦しむ人々の罪穢れを代って背負われた行為も、自己犠牲という事になるでしょうし、親が子を助ける為に命を捧げたりする場合も、広い意味の自己犠牲と言えるかも知れません。

しかし、子供の命を助ける為に命を投げ出す親や、人類の罪を代って背負われたイエス・キリストや菩薩様の心の中に、果たして自分を犠牲にしているという意識があるでしょうか。

恐らく、そんな意識は、微塵もないでしょう。何故なら、自分の命を投げ出して子供の命を助けようとする親にとっても、自分の身を捧げて人類の罪を背負ったイエス・キリストや菩薩様にとっても、その行動は、そうせずにいられないからであって、決して自分を犠牲にしている訳ではないからです。

他人の眼から見れば、子を救う為に親が取った行動も、人類を救う為にイエス・キリストや菩薩様が取った行為も、自己犠牲のように映るかも知れませんが、もし子を想う親の心や、イエス・キリストや菩薩様の心の中に、自己を犠牲にしているという意識があれば、それは偽善と言う他はないでしょう。

子供を助けた親や、人類の罪を贖ったイエス・キリストや菩薩様の心の中にあるのは、自分がわが子や人類の犠牲になっているという思いではなく、子や人類を救わずにはいられないという愛と慈悲の心であり、その事への喜びと感謝の思いではないでしょうか。

その何よりの証拠が、菩薩様が代受苦の苦しみの中から最後におっしゃった「有難い」という言葉です。この言葉の中には、「自己犠牲」という意識は微塵も見られません。

イエス・キリストにしても、たとえわが身は砕け散っても、人類の罪を背負わずにはいられないから、喜んでその身を捧げられたのであり、だからこそ、人々は、イエス・キリストを神の子と崇め、菩薩様を生き仏と信じ敬うのではないでしょうか。


自殺は救いではない


人間をはじめ、生きとし生けるものはみな、オギャーと生れた限りは、必ず死ななければなりません。一本の蝋燭が燃え尽きて消えていくように、その寿命が尽きれば、燃え尽きて消えるように決まっているのです。

一休禅師が、

 門松は、冥土の旅の一里塚
    めでたくもあり めでたくもなし

と詠われているように、新しい年を迎えてお目出度い筈が、1才だけ歳を取ってあの世へ一歩近づく事を考えれば、お目出度いと言って、祝ってばかりもいられません

しかし、自ら命の灯を吹き消さない限り、そして、突発的、偶発的な事故でも起こらない限り、寿命という蝋燭の灯が途中で消える事はありません。

しかし、世の中には、自らの手で命の灯を吹き消してしまう人が少なくないのです。

何故人は、自ら命の灯を吹き消そうとするのでしょうか。自殺する人にとって、死は、苦しみの淵から救ってくれる救世主なのでしょうか。

確かに、生きる事に絶望し、苦しみから解放して欲しいと願っている人にとって、死は救世主と映るかも知れません。

世間には、死んでしまえば、何もかもリセットされて、苦しみを永遠に終わらせる事が出来ると考えている人もいるでしょうが、残念ながら、死は、幸せを運ぶコウノトリでも、苦しみを永遠に終わらせてくれる救世主でもありません。

何故なら、永遠の生がないのと同じように、永遠の死もまた有り得ず、死は決して苦しみの終わりを意味するものではないからです。死は、ただ永遠に続く時間の流れの中のひとこまに過ぎないのです。

お大師様は、『秘蔵宝鑰(ひぞうほうやく)』(注1)の中で、

生まれ生まれ生まれ生まれて 生のはじめに暗く
 死に死に死に死んで 死のおわりに冥(くら)し

と説いておられますが、私達は今まで、果てしない時間の流れの中で、生まれては死に、死んでは生まれながら、生死、死生を繰り返してきたのであり、これからも繰り返していかなければならないのに、誰も、生まれてきた事の意味も、死んでいく事の意味も知らずに迷い続けていると、お大師様は嘆いておられるのです。

お釈迦様は、この生死、死生の繰り返しを「輪廻転生(りんねてんしょう)」「諸行無常」と説かれましたが、「諸行無常」とは、ただ死ぬ事でも、無に帰する事でもありません。

そう誤解している人も少なくないと思いますが、無常とは、変化するという意味なのです。

ですから、無常の中には、死ぬ事だけではなく、生まれてくる事も、老いる事も、病む事も、全て含まれています。

私達が生まれ、病み、老い、死んでいく事は、全て無常の中のひとこまであって、ただ死ぬ事だけが無常ではありません。

菩薩様の法歌に、

 無常とは 無くなるものと思うなよ
    春夏秋冬 めぐり来るのに

と詠われているように、春に芽吹き、夏に茂り、秋に実り、冬に散って、それで終わりではなく、再び春が廻ってきて、春夏秋冬が繰り返されていくのです。

生れた者は必ず死ななければなりません。しかし、死は、命の終着点ではなく、再生への新たな出発点であり、死んだ者は、再び生れ変って来なければならないのです。

生も、人生のひとこまなら、死もまた人生のひとこまに過ぎません。

ですから、死が、永遠の救いとなる事はありません。死は、救いと同意語ではないのです。

もし死が永遠の救いを意味するなら、死と表裏一体の関係にある生も、永遠の救いを意味する事になりますが、生が永遠の救いを意味するものでない事は、四苦八苦の世の中を見れば、明らかでしょう。

死を、苦しみから救ってくれる救世主と考えたくなる気持ちは分らないではありませんが、自殺には、苦しみからの一時的逃避という側面はあっても、自殺がその人に救いをもたらす事はないのです。何故なら、苦しみから救われるとは、心が救われる事であり、心が救われれば、自殺の道を選ぶ筈はないからです。


真の救いとは


今もお話したように、生も死も、自然現象の一つであり、無常の中のひとこまに過ぎません。ですから、生も死も、それ自体には、苦しみとか救いという概念はありません。

では何故お釈迦様が、生老病死を苦しみと説かれたのかと言えば、生老病死そのものが苦しみなのではなく、それらに執着する心が苦しみをもたらすからです。

ですから、苦しみから救われたいと願う人にとって、生死に対する執着心を離れさせてくれない自殺は、何の解決にもなりません。

もうお分かりだと思いますが、救いとは、全てが刻一刻と変化していく無常の中で、如何なる出来事に遭遇しても動じない、何事にも執われない心に到達した時、初めて得られるものなのです。

「生きるも死ぬも 拾うも捨てるも 在るがまま」

これは、夢の中で、菩薩様からお授け頂いた言葉ですが、私達は、自分にとって都合のよい事は素直に受け入れても、不都合な事には、拒絶反応を示したり、逃避したりします。

しかし、たとえそれが自分にとって不都合な出来事のように見えても、見方を変えれば、自分にとって都合のよい出来事であるかも知れないのです。

幸不幸は、表裏一体であって、ただその出来事を表から見るか、裏から見るかの違いに過ぎません。

大切な事は、不都合な出来事を在るがまま受け入れ、その裏に隠されている真相を悟らせて頂く事であり、不都合な出来事を拝めるまでの心にならせて頂く事です。その心に到達出来た時、あなたはきっと救われた自分に出会える筈です。

合掌

平成21年10月13日

カンロくんより、まだ見ぬあなたに




このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

サイト内検索 help
 

法徳寺の草花と自然

クレマチス(鉄線)
(花言葉 高潔、心の美)

 


自殺防止に向けてTopへ



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イエス・キリストが処刑された
ゴルゴダの丘に建つ聖墳墓教会

 

 

 

 

 

 

 

 

一休禅師

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(注1)人間の心を、性と食を追い求める動物的な段階である第一住心から、深い悟りの境地を開く第十住心に至るまでの十段階に分けて説いた書物で、九顕十密の立場から説かれた『十住心論(じゅうじゅうしんろん)』(十巻)を広論と呼ぶのに対し、九顕一密の立場から説かれた『秘蔵宝鑰』(三巻)は、略論と呼ばれている。九顕一密とは、第一住心から第九住心までを顕教と見、第十住心のみを密教と見る立場で、九顕十密とは、第十住心だけではなく、第一住心から第九住心までもが、解釈の仕方によって密教となり、全ての教えが密教に含まれると見る立場である。「生まれ生まれ…死に死に…」という言葉は、『秘蔵宝鑰』の最初に出てくる詩の一節である。

 

 

 

弘法大師

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


高野山法徳寺(たかのやまほうとくじ) TEL:0551-20-6250 Mailはこちらから
〒408-0112 山梨県北杜市須玉町若神子4495-309 FAX:0551-20-6251 お問合せフォーム