桜紋の扉―自殺防止への取り組み、納骨堂「帰郷庵」へのご納骨、供養の意義などについてご紹介します。
桜紋の扉 法徳寺の扉 御祈願の扉 汗露水の扉 御法歌 法話の扉 帰郷の扉 升紋の扉
御祈願・御供養について御納骨について帰郷庵について沈丁花

「帰郷庵」へのご納骨について



ご納骨のご案内


「帰郷庵」へは、法徳寺のご本尊様(身代り升地蔵尊)を尊崇されるお方であれば、宗旨・宗派を問わず、どなたでもご納骨いただく事が出来ます。案内パンフレット

お預かりいたしましたご遺骨は、一座の納骨供養を勤めた後、「帰郷庵」へお納めいたします。

ご納骨は、分骨(喉仏)、全骨を問いませんが、納骨スペースに限りがありますので、納骨していただけるご遺骨は、原則として骨壺容器(全骨容器、分骨容器)に納まるご遺骨のみとさせていただきます。

ご納骨の際には、戒名(法名)、戒名の読み方、俗名(ご生前の名前)、ご命日、行年(享年)が必要となりますので、紙に控えてご持参下さい。

分骨、全骨いずれの場合も、前もって粉骨処理をした後、「帰郷庵」へお納めいたします。

ご遺骨は合祀するため、後日ご遺骨の返還のお申し出がありましても返還には応じかねますので、あらかじめご了承ください。

下記の「帰郷庵納骨許可申請書フォーム」にご記入頂き、ネットからお申し込み頂いても結構です。


ご納骨料について


ご納骨には、ご生前にご納骨の予約をされる「生前帰郷」と、死後にご納骨のお申し込みをされる「死後帰郷」がございます。ご納骨料は下記の通りです。

分骨容器でのご納骨 納骨料
生前帰郷 50,000円
死後帰郷 70,000円

全骨容器でのご納骨 納骨料
生前帰郷 100,000円
死後帰郷 130,000円

ご納骨を申し込まれた施主の皆様には、「帰郷庵納骨許可証」を発行し、毎年の盂蘭盆会と春秋の彼岸会へのご案内を差し上げます。

春の彼岸法会は、三月の月並み法要と兼ねて三月二十一日、盂蘭盆法会は八月十五日、秋の彼岸法会は、九月の月並み法要と兼ねて九月二十一日に執り行いますので、是非お揃いでご帰郷下さいますよう、お待ちしております。

祀り手のない無縁仏様のご納骨につきましても、所定の納骨料に拘わらず、ご相談に応じますので、お気軽にお問合せ下さい。


永代供養料について


ご納骨に加え、永代供養を希望される場合は、生前帰郷、死後帰郷を問わず、ご納骨料とは別に、一霊につき永代供養料(30万円)をお納め願います。永代供養のお申込みは任意です。

永代供養のみのお申込みも可能ですので、お気軽にご相談下さい。

永代供養を申し込まれた御霊は、『永代供養過去帳』に戒名、御命日等を記載し、法徳寺が永代に亘り、護持供養してまいります。


インターネットでのご納骨のお申し込み


インターネットを通じてご納骨を申し込まれる場合は、下記の「帰郷庵納骨許可申請書」フォームに必要事項をご記入の上、お申し込み下さい。
 申請の受付後、追って詳細をご連絡させていただきます。ご不明の点があれば、お気軽にお問い合わせ下さい。


帰郷庵納骨許可申請書


施主様のお名前
(必須)
お名前ふりがな
(必須)
ご住所ふりがな
(必須)
施主様の電話番号
(必須)

施主様のEメール
(必須)


(再入力)
戒名ふりがな
(必須)
俗名ふりがな
(必須)
ご命日(必須)
生前帰郷
死後帰郷
納骨種別2(必須) 分骨
全骨
納骨種別3(必須) 永代供養を希望する
永代供養を希望しない
コメント

  


個人情報の取扱いについて

      1. ご記入いただいた個人情報は、お問い合わせへの対応および確認のためのみに利用いたします。
      2. また、この目的のためにお問い合わせの記録を残すことがございます。

サイト内検索 help
 


ジンチョウゲ(沈丁花)
(花言葉 不滅、永遠)

 

 



 

 

 

 

(全骨容器)

 

 

(分骨容器)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


高野山法徳寺(たかのやまほうとくじ) TEL:0551-20-6250 Mailはこちらから
〒408-0112 山梨県北杜市須玉町若神子4495-309 FAX:0551-20-6251 お問合せフォーム