桜紋の扉―自殺防止への取り組み、納骨堂「帰郷庵」へのご納骨、供養の意義などについてご紹介します。
桜紋の扉 法徳寺の扉 御祈願の扉 汗露水の扉 御法歌 法話の扉 帰郷の扉 升紋の扉
信者を作らない理由法話の小部屋御同行の体験談

怨みは怨みをもっては止まず(2)



子々孫々に禍根を残す河野談話


宮沢首相と加藤官房長官が謝罪した翌年の1993年8月4日、宮沢喜一内閣総辞職の前日、河野洋平官房長官が、「軍による慰安婦の強制連行があった」という談話を、正式に発表します。これが所謂「河野談話」ですが、次のような内容でした。


いわゆる従軍慰安婦問題については、政府は、一昨年十二月より、調査を進めて来たが、今般その結果がまとまったので発表することとした。

今次調査の結果、長期に、かつ広範な地域にわたって慰安所が設置され、数多くの慰安婦が存在したことが認められた。慰安所は、当時の軍当局の要請により設営されたものであり、慰安所の設置、管理及び慰安婦の移送については、旧日本軍が直接あるいは間接にこれに関与した。

慰安婦の募集については、軍の要請を受けた業者が主としてこれに当たったが、その場合も、甘言、強圧による等、本人たちの意思に反して集められた事例が数多くあり、更に、官憲等が直接これに加担したこともあったことが明らかになった。また、慰安所における生活は、強制的な状況の下での痛ましいものであった。

なお、戦地に移送された慰安婦の出身地については、日本を別とすれば、朝鮮半島が大きな比重を占めていたが、当時の朝鮮半島は我が国の統治下にあり、その募集、移送、管理等も、甘言、強圧による等、総じて本人たちの意思に反して行われた。

いずれにしても、本件は、当時の軍の関与の下に、多数の女性の名誉と尊厳を深く傷つけた問題である。政府は、この機会に、改めて、その出身地のいかんを問わず、いわゆる従軍慰安婦として数多の苦痛を経験され、心身にわたり癒しがたい傷を負われたすべての方々に対し心からお詫びと反省の気持ちを申し上げる。
 また、そのような気持ちを我が国としてどのように表すかということについては、有識者のご意見なども徴しつつ、今後とも真剣に検討すべきものと考える。

われわれはこのような歴史の真実を回避することなく、むしろこれを歴史の教訓として直視していきたい。われわれは、歴史研究、歴史教育を通じて、このような問題を永く記憶にとどめ、同じ過ちを決して繰り返さないという固い決意を改めて表明する。

なお、本問題については、本邦において訴訟が提起されており、また、国際的にも関心が寄せられており、政府としても、今後とも、民間の研究を含め、十分に関心を払って参りたい。


事なかれ主義の落とし穴


いかにも旧日本軍が強制的に韓国女性を連行し、売春をさせていたかのような内容の談話ですが、当時の「慰安婦募集広告」(右写真)を見れば分かるように、慰安婦は、軍が一般の韓国人女性を慰安婦にするため強制連行したものではなく、あくまで軍から委託を受けた韓国や日本の民間業者が、高給を条件に出した「慰安婦募集」の広告に応募してなったものなのです。

これを見れば、慰安婦といえども、自らの意志で応募しなければなれなかった事がよく分かりますが、「慰安婦は一般女性ではなく、高給によって雇われていた売春婦だった」と言われるのも、このような事実があったからです。

親韓派と言われる歴史学者、ブルース・カミングス氏の著書『現代朝鮮の歴史―世界のなかの朝鮮(Korea's Place in the Sun: A Modern History)』の中にも、「多くの慰安婦は、韓国人によって動員された」と書かれているように、韓国人が金儲けの為に韓国人女性を集め、また多くの韓国人女性も、高給を約束されていた慰安婦に応募して、貧しさにあえぐ家族を支えていたのです。

勿論、韓国はこの事実を認めていません。何故なら、日韓関係悪化を招くより、一刻も早くこの問題の政治決着を図った方がよいという当時の日本政府の事なかれ主義によって、事実関係を十分確認しないまま、早々と「河野談話」を発表してしまったからです。

強制連行を否定すれば、韓国は必ずこの「河野談話」が引き合いに出し、「日本政府は、すでに強制連行を認めているではないか。あれは嘘だったのか」と言って、非難の集中砲火を浴びせてきます。

こうして、「河野談話」は、旧日本軍が一般女性を強制連行して慰安婦にした事を、日本政府が正式に認めたと、内外に宣言したものとして受け止められ、その結果、事実の裏付けのない談話の内容だけが一人歩きを始め、中国と韓国のプロパガンダ(注1)に利用されるきっかけを与えてしまったのです。

強力な対日外交カードを手に入れた中国と韓国が、「河野談話」が発表されるや否や、待ってましたとばかりに拍手喝采を送った事は、言うまでもありません。

更に朝日新聞など日本の一部マスコミまでが同調して、中国と韓国の片棒を担ぎ、日本をどうにもならない悪夢の泥沼へ引きずり込んでいったのです。


日本人による日本叩き?


こうして一連の流れを見てきますと、問題の本質は、決して国外にあるのではない事が分かります。

よく「国が亡びる時は、外からではなく内から滅びる」と言われますが、まさに歴史が立証しているように、国を滅ぼす元凶は、私達自身の中にあります。

中国と韓国に買収されているのではないかと思えるような、一部の政治家やマスコミ、人権活動家と称する一部の日本人による日本叩きが、公然と行われている現状を見ると、日本の将来はどうなってしまうのだろうと、危惧せざるを得ませんが、同じ思いをしている方も大勢おられるのではないでしょうか。

「何故日本人でありながら平然と日本叩きが出来るのだろう?」と不思議に思い、ネットを調べてみると、そこには、「日本叩きをしているのは、在日朝鮮人出身の政治家や韓国系団体から献金を受けている政治家だから、平気で日本叩きが出来るのだ。彼らは、日本人ではなく、中国や韓国の手先であり、売国奴だ」といった過激な意見が溢れています。

多くの意見は、まるで中国や韓国からの非難中傷に負けてはならないと言わんばかりの過激さですが、確かに中国や韓国よりの立場を取る政党に属する代議士の顔ぶれを見ると、在日朝鮮人出身の代議士が多いのには驚かされます。

しかも、その中には、党首経験者が数多く含まれるなど、そうそうたるメンバーが、在日朝鮮人出身の代議士として名を連ねているのです。

これら大物代議士の名前を見ると、多くの人々が、在日朝鮮人出身と言って非難したい気持ちは分からないではありません。

しかし、在日朝鮮人出身という理由だけで、日本を敵対視していると見るのは、余りにも短絡的で、間違っていると言わざるを得ません。


カーストを否定されたお釈迦様


ご承知のように、お釈迦様がお生まれになったインドには、カーストという身分制度があり、多くの人々がこの制度の下で虐げられた苦しい生活を強いられていました。

カーストとは、ヒンドゥ教の聖職者である「バラモン」、貴族、軍人階級である「クシャトリア」、商業、製造業に従事する一般の平民階級である「ヴァイシャ」、誰もが嫌がる仕事をする賤民階級である「シュードラ」、更にカーストにも入れてもらえない不可触民と呼ばれる最下層の「アンタッチャブル(ハリジャン)」に分かれる身分制度で、異なる階層の男女同士の結婚が許されないなど様々な差別がありました。

釈尊は、人を生まれによって差別するヒンドゥ教のカースト制に大いなる疑問を抱かれ、「人間は生まれながらに平等であり、いかなる階級に属する者であっても、等しく仏になれる」と説いて、カーストを否定されました。

釈迦十大弟子(注2)の内、バラモン出身者が5人、クシャトリア出身者が3人、ヴァイシャ出身者が2人である事実を見ても、釈尊がカーストの身分制度を否定しておられた事が分かりますが、十大弟子の中で持律第一と言われた優波離(うぱり)は、ヴァイシャに属する元理髪師で、カーストでは、クシャトリアの下の階層に属していましたが、釈尊は、優波離の後から入ったクシャトリア出身の後輩僧の指導者に、優波離を選ばれました。

これは、生まれながらの身分によって差別するカーストや、カーストを是認するヒンドゥ教に疑問を持たれた釈尊が、真理の下では人はみな平等である事を、天下に知らしめた画期的な出来事と言っていいでしょう。

また曹洞宗の開祖、道元禅師は、「無上菩提を演説する師にあわんには、種姓を観ずることなかれ、容顔を見ることなかれ、非を嫌うことなかれ、行いを考うることなかれ、ただ般若を尊重す」と説いておられますが、これは、「み仏の教えを説く師に遇おうと思えば、その人の氏素性(生まれ)や顔かたち(容姿)や、過去のあやまちや、常日頃の行いを見てはなりません。ただその人が説いている真理(般若の智慧)を尊重しなさい。それが法を求める者の最も大切な心得です」という意味で、カーストを否定された釈尊のみ心に通じる教えと言えましょう。

こうして釈尊も道元禅師も、その他の先覚者と言われる方々もみな、その人を生まれだけで判断してはならないと、厳しく戒めておられますが、当然のことながら、在日朝鮮人の方の中にも、深い洞察力を持ち、公平無私な判断を下せる立派なお方は大勢おられます。

在日朝鮮人出身だからと言って、その人の人格を疑ったり、その人の生き方を判断したりしては、私達自身が、韓国からされているのと同じ仕打ちを在日朝鮮人の人々にする事になります。

私達が「下劣な先祖を持つ子孫」「レイプ魔の子孫」と言われて憤りを覚えるのと同様、在日朝鮮人の人たちも、生まれだけで人格を疑われれば、悲しくない筈がありません。

人を判断する時は、先ずその人がいま何を考え、何を語り、どのような行動を取ろうとしているかを、冷静に見極めなければなりません。そして、その人が日本に不利益を及ぼす恐れがあると判断した時は、選挙によって自分の意志を表明すればよいのです。

いずれにしても、一部の政治家や官僚の「事なかれ主義」的判断と、一部マスコミの意図的な世論操作によって、子々孫々が汚名を背負わされるような事になれば、末代までも禍根を残す事になります。

過ぎてしまった事をいつまで後悔していても問題は解決しません。そのような政治家を選び、記事をねつ造するマスコミを選んだのは、私達なのですから、自らが蒔いた種は、自らが刈らなければなりません。

私達は、将来の日本を背負って立つ子や孫が、謂われのない汚名を背負わされる事のないよう、今後どうように対処すべきかを真剣に考えなければなりません。


アジア諸国の中で特異な二ヶ国


聞くところによれば、韓国は、2005年(平成17年)から、国を挙げて謙日政策(ジャパン・ディスカウント運動)をとっているそうです。

ジャパン・ディスカウント運動とは、「日本による歴史歪曲を世界中に知らせ、国際社会における日本の地位を失墜させることを目的とした反日活動」の事ですが、国策として日本を敵視する活動を行っていると聞いた時には、「北朝鮮の間違いではないのか?」と、俄かに信じられませんでした。

しかし、アメリカへの慰安婦像設置の動きや、2日前の7月28日にソウルで開催された「サッカー東アジア・カップ男子日韓戦」で、韓国の応援団が「歴史を忘却した民族に未来はない」と書かれた巨大な横断幕を掲げるなど、最近の官民挙げての動きを見ていると、日本を敵視しているのは間違いないと認めざるを得ません。

しかし、敵視政策を知った時、私の心に湧いてきたのは、何故か韓国に対する憤りではなく、戦後68年経った今もまだ、貪り、怒り、怨み妬み憎しみという三毒煩悩の呪縛から解き放たれていない韓国への憐みでした。

フランス人のディヴィッドさんが、Facebookで、「日本はまだ周辺国に謝罪していない」とコメントした韓国人に対し、

日本は中国、韓国に対してドイツとは比較にならないほどの補償と経済援助(注3)を行って、それをあなたたちの国は受け入れているの。それをあなたたちの馬鹿な国家は、馬鹿な民衆に伝えずに、いつまでも思想教育で謝罪と賠償を求め続けさせる乞食根性を植えつけているってわけ。60年以上前のこと、しかも謝罪どころか今のあなたたちの生活を劇的に発展させるほどの経済援助を行った後なのに。大戦の謝罪を今まさに起きていることかのように騒ぐあなたたちの頭はおかしい。
 第二次大戦においてのドイツ、イタリアの行ったことは決して許されることではないし、その意識は我々フランス、欧州の各国もしっかり持っている。しかし、それらは国家としては償いを行っている。日本も同様にあなたたちの国に償いは行っている。
 では、何が違うのか? 
 それは、私たちは前を向いて同じ欧州の人間同士あらためて平和に向かって団結し、発展を目指しているのに対して、あなたたち韓国人、中国人は更にしつこくゴネ続けることで金を日本から揺すり取ることしか頭にない。

と言って反論された事は、「後世につたえたいこと(4)」でご紹介しましたが、ご承知の通り、日本が謝罪していないと言っているのは、国交のある周辺国の中では、中国と韓国の二ヶ国だけです(国交のない北朝鮮を含めると三ヶ国だけです)

7月中旬に公表された米国の調査機関「ピュー・リサーチ・センター」の、「中国、韓国、マレーシア、インドネシア、フィリピン、パキスタン、オーストラリア」の計7カ国を対象とした各国世論調査によれば、「日本の印象」についての質問に対し、マレーシア、インドネシア、フィリピン、オーストラリアなどで、80%前後が「よい」と答えたのに対し、中国では逆に90%が、韓国では77%が「悪い」と答えています。

また「日本は戦争行動に対して十分に謝罪したと思うか」という質問に対し、フィリピン、マレーシア、インドネシア、オーストラリアなどでは、「十分に謝罪した」「もう謝罪する必要はない」という答えが圧倒的多数派となったのに対し、中国と韓国では「日本は十分に謝っていない」という回答が7〜8割以上となっています。

親日国のモンゴルや台湾をはじめ、東南アジアのインドネシア、カンボジア、シンガポール、タイ、フィリピン、ブルネイ、ベトナム、マレーシア、ミャンマー、ラオス、東ティモール、南西アジアのインド、スリランカ、ネパール、バングラデシュ、パキスタン、モルディブ、アフガニスタン、イランなどの諸国は、いずれも日本への好感度が高く、これらの国々には、日本の過去を糾弾するような姿勢は全く見受けられません。

何故なら、日本と、これらの国々とは、ディヴィッドさんが言っているように、前を向いて同じアジアの人間同士あらためて平和に向かって団結し、発展を目指していこうと誓い合っているからです。

ところが、アジア諸国の中で、中国と韓国の二ヶ国(北朝鮮を含めれば三ヶ国)だけが、いまも三毒煩悩の呪縛から解き放たれずに、日本への貪り、怒り、怨み妬み憎みを抱き続けているのです。

この世論調査を見れば、アジア地域の中で、中国と韓国の二ヶ国だけが、いかに特異な存在であり、他の諸国に比べて際立っているかが、よく分かると思います。


韓国の謙日政策とスリランカの対応の違い


このような状況について、「日本側に原因があるのではなく、反日、謙日を煽らなければ政権を維持できない中国と韓国のお家の事情に原因がある」と指摘する声が大多数ですが、仮にそうであるとしても、否、そうであるなら尚のこと、平和と友好に向けてお互いが団結し、共に発展していかなければ、政権の安定など望むべくもなく、いままで政権安定の為に膨大な額の援助をしてきた日本としては、これほど無念な事はありません。

まさに「恩を仇で返す」とはこの事でしょうが、韓国の謙日政策を知った時、私の脳裏に浮かんできたのは、第二次世界大戦の戦後処理をめぐるスリランカの対応でした。

敗戦国日本の戦後処理を決める昭和26年の「サンフランシスコ講和会議」において、スリランカ(当時のセイロン)のジャヤ・ワルダナ財務大臣は、日本に対する賠償を放棄し、「怨みは、怨みによって解く事は出来ない。許す心によってのみ解く事が出来る。これは永遠に変る事のない真理である」という釈尊の言葉を引用して、日本への怨みを捨てる事を各国に説き、国家存亡の危機に直面していた日本を擁護してくれました。

この時受けたご恩を私たちは決して忘れてはいませんし、だからこそ今なお、スリランカとの間には、様々な援助を通じて友好の絆が結ばれているのですが、それもこれもすべては、スリランカが、「サンフランシスコ講和会議」において、日本に対する憎しみを捨てる事を宣言し、新たな友好関係を構築するために大いなる一歩を踏み出し、その後に続く日本との友好関係の礎を作ってくれたからです。

スリランカだけではありません。欧米の植民地として長年に亘って虐げられてきた他の東南アジア諸国もみな、日本への憎しみを乗り越え、欧米の植民地支配から解放してくれた日本との新たな友好関係構築に向けて立ち上がったのです。

スリランカや東南アジアの国々が、貪り、怒り、怨み妬み憎しみという三毒煩悩の毒牙から自らを守り、いち早く発展の礎を築いたのに対し、未だに60年前の怒り、怨み妬み憎しみを引きずり、三毒煩悩の泥沼から一歩も抜け出せずに苦しんでいるのが中国と韓国ですが、その象徴が、まさに韓国の謙日政策(ジャパン・ディスカウント運動)と言っていいでしょう。


三毒煩悩を甘くみてはならない


謙日政策も慰安婦問題もみな、三毒煩悩の呪縛から抜け出せずに苦しんでいる韓国の今の姿そのものと言えましょうが、このままでは、韓国が三毒煩悩の呪縛から救われる事は先ず難しいでしょう。

何故なら、三毒煩悩は、心に巣食う癌のようなものであり、外科手術のように、他人が悪い箇所を切除して治せるものではないからです。仮に外科的手法で取り除けたように見えても、それは表面だけで、見えない心の奥底には、まだ深い根が残っています。

慰安婦問題を例にとって言えば、仮に韓国の言いなりになって、有ること無いことをすべて認めて、貪り、怒り、怨み妬み憎しみを一時的に抑えられたとしても、それで韓国が三毒煩悩の呪縛から救われる訳ではありません。

それで一旦三毒煩悩が消え去ったかのように見えても、それは一時的なもので、何かのきっかけがあれば、再び隠れていた三毒煩悩が猛威をふるって心をむしばみ始めるのです。

それは、いくら抗癌剤や放射線で「癌細胞」をやっつけても、その親である「癌幹細胞」には、全く抗癌剤が効かないため、何度も再発を繰り返すのとよく似ています。

要するに、韓国が、自らの意志で、貪り、怒り、怨み妬み憎しみの三毒煩悩を断ち切らない限り、根本的に救う事は不可能で、一時的な満足感を得るだけに過ぎません。

韓国がそんな事で救われない事は、一部政治家や官僚が行ってきた、その場しのぎの「事なかれ主義」が、どういう結果を招いたかを見れば明らかでしょう。

そんな事をしても、韓国の救いにはつながりませんし、むしろそうする事によって、かえって三毒煩悩の炎をますます燃え上がら、彼らを苦しめるだけなのです。

「嘘でも何でもいいから、彼らの言いなりになってすべてを認めれば慰安婦問題は解決する」という人がいるかも知れませんが、もしそれで韓国が三毒煩悩から救われるのであれば、慰安婦問題は当の昔に解決しているでしょう。

ここまで慰安婦問題がこじれているのは、人間に巣食う貪り、怒り、怨み妬み憎しみという三毒煩悩が、そうやすやすと取り除けるものではないからです。

貪り、怒り、怨み妬み憎しみの心は、どこまで行っても満足する事がありません。満足する時があるとすれば、それは身を滅ぼす時だけです。

つまり、三毒煩悩は、生きる上で必要な本能と切っても切れない関係にあり、三毒煩悩を根絶やししようと思えば、自らの身を滅ぼすところまでいかない事には、その根を絶やすことは出来ないのです。

しかも、先ほどお話したように、貪り、怒り、怨み妬み憎しみという三毒煩悩は、外科的手法で他人が外から取り除く事が出来ません。三毒煩悩に侵されている本人が、自ら取り除かなければ、絶対に消える事はないのです。

人間の奥底に潜む貪り、怒り、怨み妬み憎しみという三毒煩悩を退治するのは、私達が考えているよりもはるかに困難であり、強敵である事を知らなければなりません。

地球温暖化がここまで進んできているのに、いまだに有効な手立てを講じられないでいる世界の現状を見れば、三毒煩悩を封じる事がいかに困難かは、容易にお分かり頂けるでしょう

慰安婦問題の根底にも、この恐るべき三毒煩悩の毒牙が潜んでいる事は言うまでもなく、ただ外面だけを繕っても、何の解決にもなりません。

すでに述べたように、軍が強制的に一般女性を慰安婦にした事実はない以上、その事は今後も粘り強く訴え続けていかなければなりませんし、世界に向けて発信していかなければなりません。

ましてや、韓国の言いなりになって、無かった事を有ったと偽り、子々孫々に汚名を着せるような事は出来ません。

しかし、仮に韓国の言う通りにしたからと言って、それで彼らを苦しめている三毒煩悩を取り除ける訳では決してありません。

勿論、三毒煩悩の毒牙に苦しんでいる韓国や中国の人々を見捨ててはおけませんし、私達の中にも、同じ三毒煩悩が潜んでいる以上、韓国や中国を救う事は、決して他人事ではありません。

日本を叩く事に生き甲斐を感じているとさえ思えるいまの韓国の姿を見れば分かるように、一たび三毒煩悩に魅入られたが最後、麻薬患者のように、自らの身を滅ぼすところまで行かない事には止められないのです。

ここに、三毒煩悩の底知れぬ恐ろしさがある事を、私達は深く肝に銘じておかなければなりません。

合掌

平成25年(2013年)7月30日


怨みは怨みをもっては止まず(1)
怨みは怨みをもっては止まず(2)
怨みは怨みをもっては止まず(3)
怨みは怨みをもっては止まず(4)
怨みは怨みをもっては止まず(5)
法話の小部屋Top


このエントリーをはてなブックマークに追加

サイト内検索 help
 


法徳寺の草花と自然

ソメイヨシノ

ノウゼンカズラ(凌霄花)
(花言葉 名声、栄光)

 


法話の小部屋Topへ


 

 

(慰安婦募集広告)

 

 

 

『現代朝鮮の歴史―世界のなかの朝鮮』
著者:ブルース・カミングス
翻訳:横田安司・小林知子
明石書店(2003/10/01)

 

(注1)特定の思想・世論・意識・行動へ誘導する意図を持った宣伝行為。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(注2)『維摩経』によれば、出家順に、次の10名とされている。
1、舎利弗(しゃりほつ)ー智慧第一と言われたバラモン出身の弟子。『般若心経』の中では、「舎利子」の名前で、釈尊の説法の相手として登場する。
2、目連(もくれん)ー舎利弗と共に弟子入りし、神通第一と言われたバラモン出身の弟子。目連が餓鬼道に落ちた母を救った故事により、お盆の行事が出来たと言われている。
3、摩訶迦葉(まかかしょう)ー頭陀(ずだ)第一と言われたバラモン出身の弟子。釈尊入滅後、教団を統率し、多くの弟子を集めて釈尊の教えをまとめる「第一結集」を行った。
4、須菩提(すぼだい)ー解空第一と言われたヴァイシャ出身の弟子。空の教えを説いた『般若経』に、度々登場する。
5、富楼那(ふるな)ー説法第一と言われたバラモン出身の弟子。
6、迦旃延(かせんねん)ー論議第一と言われたクシャトリア出身の弟子。
7、阿那律(あなりつ)ー釈尊の従弟で、阿難とともに出家した。仏の前で居眠りして叱責され、眠らぬ誓いを立てたため視力を失ったが、それによって真理を見る眼を獲得し、天眼第一と言われた。
8、優波離(うぱり)ー持律第一と言われたヴァイシャ出身の弟子。「第一結集に参加、彼の記憶に基づいて律蔵が編纂されたとされる
9、羅?羅(らごら)ー密行第一と言われた。釈尊の長男で、釈尊が宮殿に帰郷した時、出家し、最初の少年僧(沙弥)となる。
10、阿難陀(あなんだ)ー釈尊の従弟と言われる。出家以来、釈尊入滅までの25年間、常に釈尊の傍に居て、教えを最も多く聞いたというので、多聞第一と言われた。第一結集に参加し、阿難の記憶に基づいて経典がまとめられた。多くの経典の冒頭に書かれている「如是我聞」(是の如く我聞く)の我とは阿難の事である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(注3)日本が韓国に対し、どれほどの援助を行ってきたかについて、なでしこりんさんのブログに詳しい援助一覧が掲載されています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


高野山法徳寺(たかのやまほうとくじ) TEL:0551-20-6250 Mailはこちらから
〒408-0112 山梨県北杜市須玉町若神子4495-309 FAX:0551-20-6251 お問合せフォーム