桜紋の扉―自殺防止への取り組み、納骨堂「帰郷庵」へのご納骨、供養の意義などについてご紹介します。
桜紋の扉 法徳寺の扉 御祈願の扉 汗露水の扉 御法歌 法話の扉 帰郷の扉 升紋の扉
信者を作らない理由法話の小部屋御同行の体験談

究極のエコ運動

― 食べないものには箸をつけない ―



一粒のお米は菩薩なり


昔から「農業は国の基、国の宝」と言われますが、稲穂がたわわに実る田園風景を見るといつも思い出すのは、師僧が口癖のように言っていた「一滴のお水は如来なり。一粒のお米は菩薩なり」という言葉、そして、菩薩様がおっしゃっておられた「食べないものには箸をつけてはいけない」という言葉です。

「一滴のお水は如来なり。一粒のお米は菩薩なり」とは、お水を頂く時には、如来を拝むような気持ちで頂き、お米を頂く時には、菩薩を拝むような気持ちで頂きなさいという意味ですが、この言葉には、「一滴のお水にも一粒のお米にも、天地の恵みと、収穫した人々の大変なご苦労が込められているのだから、一滴のお水も一粒のお米も無駄にしてはいけない」という天地への畏敬の念と、収穫した人々への感謝の思いが込められています。

私達が毎日食前に唱える「頂きます」という言葉にも、食後に唱える「ご馳走様でした」という言葉にも、同じ思いが込められている事は、言うまでもありません。

「頂きます」とは、文字通り「多くの皆さんのご苦労に感謝し、頭の頂きに持ち上げる如く敬って頂きます」という意味であり、「ご馳走様でした」とは、食事を用意する為に、走り回るほどのご苦労をおかけした皆様に感謝いたします。有難うございました」という意味です。

そして、「食べないものには箸をつけてはいけない」という言葉の根底にも、天地の恵みと、食べ物を作って下さった全ての人々に対する畏敬と感謝の念が、脈々と流れているのです。

菩薩様は常々「出された食物は、すべて頂くのが礼儀だが、食べられないと思ったら、別にとっておき、決して箸をつけてはいけない。箸をつけなければ、誰かが食べて下さるかも知れないが、一度箸をつければ、そのまま捨てるしかない。あちこちに箸をつけて、食い散らかすのは、一番失礼な食べ方で、決してしてはならない」とおっしゃっておられましたが、私の体験をお話しますと、紀州高野山の宿坊でお手伝いをしていた時、宿泊客が食べたお膳を下げ、その中で箸をつけていないものがあれば、お手伝いの人たちと一緒によく頂いたものです。

しかし、少しでも箸をつけてあれば、まだ食べられる部分の大半が残っていても、そのまま捨てなければならず、「勿体ない」と思いながら捨てていた時の虚しさ、悔しさは、今でも忘れられません。

だからこそ、「食べないものには箸をつけてはいけない」という言葉の中に、究極のエコを見る思いがするのかも知れませんが、皆さんは、この「勿体ない」という言葉に、全世界を変えるほどのスーパーパワーが秘められているのをご存知でしょうか?


「勿体ない」という言葉を与えられた日本人の責任


アフリカ系女性で初めてノーベル平和賞を受賞され、ケニヤ共和国の環境副大臣をしておられたワンガリ・マータイさんは、リデュース(過剰生産の削減)、リユース(再利用)、リサイクル(再生利用)という「3つのR」を唱えて、環境保護に取り組んでおられましたが、初めて日本に来られた時に出会われたのが、この「勿体ない」という日本語でした。

マータイさんが提唱する「3つのR」の意味が、「勿体ない」の一語に込められている事を知ったマータイさんは非常に感激され、是非この言葉を世界中の人々に伝えたいと、各国語に翻訳しようとしたところ、この「3つのR」を一つの言葉で表現出来る言葉が、どこの国にもなかったそうです。

そこで、マータイさんは、「勿体ない」をそのまま「MOTTAINAI」という英語に置き換え、「3つのR」を象徴する世界共通の言葉として、世界中の人々に広めながら、植林と環境保護活動に取り組んでおられましたが、残念ながら、平成23年(2011年)9月25日、ガンのため、ケニアの首都ナイロビの病院で死去されました。心より、ご冥福をお祈りしたいと思います。

「世界で最も贅沢な国民は日本人だ」と言われるように、「勿体ない」というどこの国にもない言葉を与えられている日本人が、いま最も忘れているのが、この言葉であり、この言葉に込められている畏敬の念と感謝の心ではないでしょうか。

東日本大震災は、電気や水道やガスに囲まれた暮らしがいかに有り難いかを教えてくれましたが、二万人近い人々の命と、数知れぬ人々の生活基盤のすべてを奪い去った大震災の体験を、「元の木阿弥」に終わらせないためにも、今までのような、「有れば有るだけ作ればいい。残ったら捨てればいい」というような浪費と贅沢に走る生活スタイルではなく、「必要なだけ作らせて頂き、食べないものには箸をつけない感謝と知足の心」を、生活の隅々まで浸透させていかなければならないのではないかと思います。

そして、それが、「勿体ない」という世界のどこにもない言葉を与えられた日本人の責任ではないかと思うのです。


究極のエコ運動


最近、エコに対する関心が高まり、環境に優しい太陽光発電、電気自動車などのエコカー、LED電球などが脚光を浴びていますが、私達は、もっと身近にある究極のエコに気付くべきではないでしょうか。

しかも、そのエコ運動は、一切お金がかからず、無駄を省くだけでなく、お金まで生み出してくれるのです。

それは、「食べないものには箸をつけない」という、たったそれだけで出来るエコ運動です。

飽食の時代と言われて久しいわが国ですが、巷を見れば、あちらでも、こちらでも、残った多くの残飯が捨てられ、大量のゴミとなっています。

「食べないものには箸をつけない」という、たったこれだけの事が実行出来ていれば、どれだけのゴミが減り、人々の懐を豊かにし、無駄を失くす事が出来たでしょう。これほどエコに反している行為は他にないのではないでしょうか。

いま全世界には、地球温暖化と環境問題、増え続ける人口問題、南北間の格差問題、貧困問題と貧困からくる内戦やテロ、難民問題、食糧難による飢餓問題、エネルギー問題、不景気対策、失業問題、自殺問題をはじめ、ありとあらゆる難問が山積していますが、私たちは、最も簡単な解決策が、こんなにも身近にある事に気付かなければなりません。

「大げさな」と笑われるかも知れませんが、「食べないものには箸をつけない」という、たったこれだけの行いを実行するだけで、山積する難問の大半は解決するのではないかとさえ思っています。勿論、全ての人々が、実践する事が大前提ですが…。

何故なら、食べるという行為ほど、人間にとって最も身近で、最も切実で、生きていく上で欠かせない行為は他にないからです。

誰もが毎日必ず実行する行為が、食べる事です。しかも、それが毎日、三度ずつ必ず繰り返されていくのです。箸をつけただけで食べ残し、無駄になっている食物の量を想像すれば、究極のエコとは何かが見えてきます。

もし全ての人々が、この最も身近で、いつでも、どこでも、誰でも簡単に実行出来る「食べないものには箸をつけない」というエコ運動を実行する事が出来れば、いま私達の前に立ちはだかっている諸問題など、一挙に解決するのではないでしょうか。

何故なら、一事が万事で、「食べないものには箸をつけない」というエコ運動が人々の生活に浸透してゆけば、その意識の変化は、食生活に留まらず、ライフスタイルそのものを根底から変えてしまう可能性を秘めているからです。

私達の生活には、無駄なもの、余分なもの、過剰なものがあふれていますが、「食べないものには箸をつけない」という意識が生活全般に波及してゆけば、「無駄なものは身に着けない。余分なものは買わない。余分には作らない」というように、無駄があふれる生活そのものを、エコ生活に変えてゆけるのです。


「貪りの文明」から「足りる事を知る文明」へ


皆さんもよくご存知のように、いま世界各地で、地球温暖化による深刻な影響が現れてきています。

北極圏の氷は、予想をはるかに超えるスピードで溶け始め、そこに住む生き物は絶滅の危機に瀕しています。北極圏の氷が無くなるのは、ここ数百万年間には無かった異常事態で、日本の国土の三倍に相当する130万平方キロメートルの氷がすでに溶けて消失しています。

数百万年以上も溶けなかった氷が、僅か十年余りの間に、三分の一にまで減ったのですから、その異常さが分かりますが、今の状態が進めば、人類存亡の危機に直面すると言っても、過言ではないでしょう。

また北極圏の凍土には、全地球の大気中の6分の1(約980億トン)に匹敵する膨大な量の炭素が存在しており、温暖化によって凍土が溶けて炭素が二酸化炭素(CO2)やメタンになって放出されれば、温暖化を加速させると懸念されています。

更にロシアのシベリアにある永久凍土も急速に溶け始め、中から放出されているメタンガスは、二酸化炭素の20倍以上ものエネルギーで地球温暖化を加速させると言われています。

氷解による海水面の上昇は、太平洋の島々を水没の危機に陥れ、そこに住む住民の安全を脅かしていますし、海水温の上昇に伴う海流の変化によって、魚介類の生態系が大きく変わり、漁獲量の激減という深刻な影響をもたらしています。

最近、世界各地で頻発するようになった異常気象、特に超大型の台風やハリケーンの相次ぐ発生による甚大な被害、或いは熱波による森林火災の増加、大津波や大洪水、巨大地震による壊滅的な被害など、かつて経験した事のない未曾有の天変地異も、地球温暖化と無関係ではありません。

これから地球温暖化が加速すれば、その影響がさらに拡大していく事は間違いなく、人類が直面する危機は想像を絶しますが、因をたどれば、今の文明が大量消費、大量投棄を続けてきた貪欲の付けが回ってきた当然の結果と言えましょう。

地球温暖化は、私たちが自ら蒔いた貪欲による大量消費と大量投棄が原因ですから、どのような悲惨な結果が待っていようと文句は言えませんが、私たちの子や孫、そして将来生まれてくるであろう子々孫々の世代に、大きな付けを残していくことだけは何としても防がねばなりません。

いまこそ私達は、飽くなき欲望の追求に走っている今のライフスタイルや文明の在り方そのものを根本的に見直さない限り、人類の未来も世界の平和もあり得ない事に気付くべきではないでしょうか。

そして、その解決の糸口が、ワンガリ・マータイさんが提唱した「MOTTAINAI」活動や、「食べないものには箸をつけない」という誰にでも出来るエコ運動にあるのではないかと思うのです。


夢の架け橋


インターネットが発達して、様々な物がネットを通じて売買されていますが、オークションなどを見ても分るように、世の中には、同じものであっても、それを不要と考えている人と、それを必要と考えている人がいます。

「食べないものには箸をつけない」というエコ意識が生活全般に波及し、ある人にとっては不必要なものが、それを必要としている別の人の手に無償で渡るようになれば、無駄になる筈であったものに、再び光が当てられ、そのものの命を生かし切る事が出来ます。

「食べないものには箸をつけない」というエコ運動は、浪費と無駄と贅沢を奨励し、大量消費、大量投棄によって支えられている今の文明の在り方そのもの、私達の生き方そのものを根本から問い直す革新的な運動だと思いますが、残念ながら、このエコ運動は、ただ「食べないものには箸をつけない」というだけでは完結しません。

何故なら、不必要と判断されたものが、それを必要とする人の手に渡らなければ、結局のところ、再利用されないまま廃棄せざるを得なくなるからです。

「食べないものには箸をつけない」というエコ運動を完結させるためには、不必要としている人と、必要としている人とをつなぐネットワークの構築が、どうしても欠かせません。

しかし、このネットワークの構築は、口で言うほど容易ではありません。そこには、解決されなければならない様々な問題が山積しています。しかし、嬉しい事に、そのような試みが、食品という一分野ではありますが、すでに始まっているのです。

今まで捨てられる運命にあった食品を、生活困窮者や福祉施設などに無償で提供する橋渡し役として、最近注目を集めているのが、セカンドハーベスト・ジャパン(注2)のようなフードバンクの活動で、支援者も増えて、徐々に広がりつつあるようですが、これこそまさに、「食べないものには箸をつけない」というエコ運動を完結させた一つの例として、未来に明るい希望をつなぐ活動ではないかと思います。

このような活動が広がってゆけば、「食べないものには箸をつけない」という意識も更に高まり、食品をはじめ様々なものを必要としている人々と、不要としている人々とをつなぐ夢の架け橋が次々と誕生する事になりますが、私は決して夢ではなく、必ず実現する架け橋になると思っています。


奇跡を起すのは誰か?


勿論、このようなエコ運動が、最初から、全世界の人々を動かす事など不可能でしょう。しかし、「千里の道も一歩から」で、実行しなければ、何も変わりません。それどころか、私達の住む生活環境は、無駄とゴミであふれ、悪化の一途をたどる事は目に見えています。

たとえ微力ではあっても、一人が実践すれば、一人が無駄にしてきた食事は勿論、あらゆる無駄なものが、それだけ確実に減らせるのです。その輪がどんどん広がっていけば、確実に世界は変わっていくと、私は信じています。

世界を変えるのは、聖人でも偉人でもなければ、政治家でもありません。私達一人一人の思いであり、世界を変えたい、救いたいという思いなのです。

たったそれだけの思いと実践だけで変えられるとすれば、まさに奇跡ですが、奇跡は待つものではなく、起すものだと思います。そして、その奇跡を起せるのは、神でも仏でもなく、私達一人一人なのではないでしょうか。

どうか一人でも多くの皆さんが、「食べないものには箸をつけない」という究極のエコ運動を実践して頂けますように、そしてその意識がどんどん広がってゆき、私達の住むかけがえのない地球が、今よりもっともっと住みよい環境になりますように

合掌

平成24(2012)年10月26日

法話の小部屋Top


サイト内検索 help
 


法徳寺の草花と自然

ソメイヨシノ

キンモクセイ(金木犀)
(花言葉 変わらぬ魅力)

 


法話の小部屋Topへ


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ワンガリ・マータイさん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(注2)セカンドハーベスト・ジャパン(2HJ)は、日本でのフードセーフティネットの構築を目的とし、児童養護・母子支援・障害者支援等の福祉施設や生活困窮者などに食品の提供を行っています。
フードセキュリティに欠く人々に充分な食べ物を提供するため、2HJは食品企業などと連絡を取り合い食を通じた新しい社会作りを目指しています。
セカンドハーベスト・ジャパンは、2000年に炊出しのために食材を集める連帯活動から始まりました。2002年に、特定非営利活動法人となりフードボート(FoodBankJapan)として活動を開始し、2004年には、現在の名称であるセカンドハーベスト・ジャパンに名称変更を行いました。
セカンドハーベストとは、「2度目の収穫」という意味です。1度目の収穫(通常の市場)からもれてしまったもの、だけどまだ充分に安全に食べられる食品を2度目に収穫し、捨てられてしまうかもしれなかった食品に命を与えようという意味です。2000年の活動開始から、食品を提供してくれる企業や農家、個人の数が増え、同時に食品を有効に使ってくれる福祉団体・施設の数も順調に増えてきました。2011年までに、675社から食品の提供を受け、関東中心とした全国約600福祉施設や団体に食品の提供を行うまでになりました。(2HJホームページより転載)

 


高野山法徳寺(たかのやまほうとくじ) TEL:0551-20-6250 Mailはこちらから
〒408-0112 山梨県北杜市須玉町若神子4495-309 FAX:0551-20-6251 お問合せフォーム