桜紋の扉―自殺防止への取り組み、納骨堂「帰郷庵」へのご納骨、供養の意義などについてご紹介します。
桜紋の扉 法徳寺の扉 御祈願の扉 汗露水の扉 御法歌 法話の扉 帰郷の扉 升紋の扉
信者を作らない理由法話の小部屋御同行の体験談

世界同時不況に思う(2 )



「少欲知足」の実践の大切さ


大自然の摂理に従って無駄を無くし、贅沢を離れ、足りる心を知る事が重要なのは、何も破綻した財政を立て直したり、人類の危機を救う為だけではありません。

「少欲知足」の実践は、最も身近な私達の健康維持と病気の回復にも欠かせないのです。

昔から、「腹八分に医者要らず」という言葉がありますが、「少欲知足」の実践の大切さを医学的、科学的に実証されたのが、生物学者で医学博士の千島喜久男というお方です。

千島博士は、非常に革新的な学説(注1)を提唱されたお方で、その学説が余りにも革新的であったため、学会から長年顧みられなかったのですが、近年再びその学説に注目が集まっているそうです。

千島博士は、人間の肉体を物質と見て、悪い所だけを局所的に治療する西洋医学の対症療法だけでは限界がある事を悟られ、西洋医学に、人間を心身一如(注2)の生命体と見る東洋的考え方(東洋哲学)を取り入れた「八大原理」という説を発表され、様々な病気の原因やその治療法について研究されたお方ですが、「八大原理」という文字を見た時、私の脳裏に浮かんで来たのは、菩薩様の御廟「夢殿」でした。

八角形の夢殿と千島博士の八大原理、同じ八という数字に、何か菩薩様の教えと相通じるものがあるように感じたのですが、千島博士の説は、今の医学界の常識から見れば、まさに異端と映るような内容の学説でした。


千島博士の八大原理


千島博士の八大原理について簡単にお話しますと、先ず第一原理とは、「赤血球分化説」と言いまして、医学界の通説では、赤血球は血液中の細胞の一種に過ぎないと言われているのに対し、千島博士は、赤血球は全ての細胞の母体になるもので、赤血球が分化して生み出されるのが細胞であると説いておられます。

つまり、赤血球は、通説が言う死の一歩手前にある老化した細胞ではなく、これから新しい細胞に成長していくピチピチの存在であると言われるのです。

第二原理は、「赤血球と組織の可逆的分化説」と言いまして、人間が飢餓・断食などの病的状態にある時、細胞は赤血球に逆戻りすると言うものです。

これは謂わば一種の若返り現象で、粗食、節食、断食が、健康維持や病気の治療に非常に効果がある事の裏付けとなっています。

第三原理は、「バクテリアとウイルスの自然発生説」と言いまして、ウイルスやバクテリアは、親となる病原菌や親ウイルスによって発生すると説く通説に対し、千島博士は、ウイルスやバクテリアは或る条件下で自然発生すると説いておられます。

つまり、親細菌が無くても、体の機能が衰えたり不衛生な食事をしていると、血球や組織が病的になり、そこに細菌やウイルスが自然発生すると言われるのです。

例えば、ライ菌によって感染すると言われているハンセン病(ライ病)は、ライ菌による感染ではなく、生活面での悪条件が重なって細胞が病的になり発病するのだと説いておられます。

第四原理は、「細胞新生説」と言いまして、「細胞は細胞分裂によって生じる」のではなく、「細胞構造を持たない有機物のかたまりから、一定の条件のもとで自然発生する」と説いておられます。

例えば、癌細胞は、通説が言うような細胞分裂によって増殖するのではなく、血液が病的になった時、赤血球から白血球になり、その白血球が変化して癌細胞になると言われるのです。

ですから、清浄な血液を造る事が大変重要になってくる訳ですが、この清浄な血液を造る上で障害となるのが過食や肉食過多で、食べ過ぎると消化液が薄められて腸内腐敗を起こし、細菌毒素が血液中に吸収されて、健康阻害の原因になるばかりか、病気の回復を遅らせる事になります。

第五原理は、「腸造血説」と言いまして、通説が「血液は骨髄で作られる」と説くのに対し、千島博士は「血液は小腸の絨毛(じゅうもう)で作られる」と説いておられます。

第六原理は、遺伝学の通説が、「カエルの子はカエル」で、「トンビがタカを生む」のは突然変異だとしているのに対し、必ずしも「カエルの子はカエル」ではなく、また「トンビがタカを生む」のも決して突然変異ではなく、遺伝子は環境の影響によって刻々変化していくのであるから「氏より育ち」「生まれより育つ環境」が大切であると説いておられます。

第七原理は、「進化における共存共栄説」で、弱肉強食の生存競争で勝ち抜いたものだけが生き残るという自然淘汰説が進化論の通説であるのに対し、千島博士は、もし自然淘汰説が正しいなら、ライオンだけが繁栄することになるが、そんな事は決してなく、自然界では生物同士が共存共栄していると説いておられます。

第八原理は、「生命弁証法」と言われるもので、科学(医学)と哲学(宗教)は決して無縁のものでも対立するものでもなく、互いに補い合う関係にあるものであり、それが大自然の摂理だと説いておられます。


「気・血・動」の調和


そして、千島博士が、健康維持と病気回復に欠かせないとして提唱しておられるのが、「気、血、動」の調和であります。

「気」とは、明るく穏やかな心と安らかな眠り、「血」とは、正しい食生活と清浄な血液、「動」とは、体を動かし怠らずに精進する事ですが、正しい食生活と清浄な血液を造る上で欠かせないのが、食事の3S主義(菜食、少食、咀嚼)の実践であります。

この医学界の通説に反する千島博士の学説には賛否両論があり、その正しさが検証された訳ではありませんし、門外漢の私が、医学界の通説をくつがえすほど革新的な学説の当否について論じられる筈もありませんが、少なくとも、自らの研究を通して、それまで通説と言われていた様々な事実に対して、大いなる疑問を持たれた事は間違いないでしょう。

ましてや現在、西洋医学の対症療法による弊害や限界が様々な方面から指摘されている中で、人間を心身一如の存在として見つめ直し、その視点からの医療を忘れてはならないと説いておられる点は、まさに仏教と相通じるものがあります。

また健康維持と病気の治癒に、断食、節食、少食、粗食が非常に効果的であると説いておられる点も、仏教が説く「少欲知足」の真理に通じるもので、人間に本来備わっている自然治癒力を呼び覚まし、それによって病気を克服していくにはどうすればよいか、また病気にならない健康な心身を作るにはどうすればよいかという予防医学の大切さを説いておられる姿勢にも、大いに感銘を受けたのであります。


見直されなければならない食生活


千島博士は、健康維持の為には、肉食中心の欧米式食生活を改めて、菜食中心のわが国古来の食生活に立ち帰り、節食に心がける事が大切であると説いておられますが、これは、食事における「少欲知足」の実践に他なりません。

昔から、健康五原則として「快食、快眠、快便、快笑、快動」の五つが挙げられていますが、千島博士の説いておられる事も、まさに健康五原則の実践であり、食生活だけではなく、生きていく上での「少欲知足」の実践こそ、人間が人間として、心身ともに健康で豊かな日々の生活を送る上で最も大切な事ではないでしょうか。

原因の分らない様々な病気が増えている昨今ですが、これも明治時代以降、日本人の食生活が肉食中心の欧米式に変わった事と無関係ではありません。

菜食主義だった日本人の食生活が欧米式の肉食主義に変わり、「飽食の時代」「グルメの時代」などと言われるように、食生活が贅沢になるにつれて、原因の分らない病気が増えてきたという事実を見ても、食生活に一因がある事は間違いないでしょう。

人間の腸の長さは体長の九倍近くあるそうですが、肉食の欧米人の腸は、菜食主義の日本人に比べて短いと言われています。

ですから、欧米人より腸の長い日本人が肉食過多に陥れば、腸内腐敗によって、毒素を出す腐敗バクテリアが大量に発生し、血液の酸性化を促して、様々な病気の原因になるのは当然と言えましょう。

また近年、贅沢病と言われる糖尿病患者の急増が問題になっていますが、これも、肉食中心の欧米式食生活と過食、運動不足が大きな原因である事は、周知の事実です。

粗食、節食、少食を心がけていた私達の先祖が、いたって健康に暮らしていたのに対し、その子孫である私達が、過食、飽食、美食によって逆に健康を害し、様々な成人病で苦しんでいるという皮肉な結果を見ると、私達が幸福に生きていく上で大切な事は何かが見えてくるのではないでしょうか。


欲は苦の因、悔いの元


文明が発達し、科学が進歩するに従って、人類は、どんどん自然から遠ざかり、飽くなき欲望の追求に奔走するという、自然の摂理に相反する道を突っ走ってきた訳ですが、自然の中で生かされている人間が、自然の摂理に反する生き方をして、うまくいく筈がありません。

私達は、もう一度、大自然の摂理に反する貪りの文明から、大自然の摂理に従って生きる感謝と知足の文明に帰らなければならないのではないでしょうか。

大自然の摂理に従って生きる「少欲知足」の智慧を磨いて貪りの心を離れ、在るがままを受け入れて、感謝と知足の心を養う事が、今ほど大切な時はありません。

足りない、足りないで過ごしていると、あらゆる害毒が体を蝕み、身も心も滅ぼすばかりか、世界全体をも滅ぼし兼ねません。

「世界のグローバル化」が叫ばれているように、今や世界は全ての国々が密接につながり、一ヶ国で起こった出来事は、その国だけに止まらず、世界中に伝播して、あらゆる影響を及ぶす時代です。

サブプライムローンに端を発した今回の金融危機と世界同時不況も、まさに世界がグローバル化している何よりの証拠であり、グローバル化によってもたらされた人災そのものと言っても過言ではないでしょう。

そしてそれは、有っても有ってもまだ足りないという、大自然の摂理に反する貪りの心が招いた当然の結果なのです。「過ぎたるは及ばざるが如し」という諺がありますが、まさに「欲は苦の因、悔いの元」です。

しかも、その「苦の因、悔いの元」が、一個人、一企業、一国に止まらず、世界中に伝播していく事を考えれば、その影響は計り知れません。

まさに貪欲は、自分自身はおろか、社会全体、世界全体をも滅ぼし兼ねない恐ろしい疫病神と言わねばなりません。だからこそ、私達は、貪欲という疫病神を裏側に追い払い、あらゆる幸せを呼び込む福の神を表舞台に招かなければならないのです。

福の神とは、言うまでもなく、大自然の摂理に適った「少欲知足の心」であり、在るがままを受け入れ、日々に感謝する心であります。


「三つのR」─世界に誇るべき言葉


以前、某テレビ番組に、日本語の「勿体ない」という言葉を世界中に広める活動をしておられる外国人の女性が出ておられました。

この方は、アフリカのケニヤ共和国の環境副大臣をしておられるワンガリ・マータイさんというお方で、2004年に、環境問題に対する取り組みが認められて、ノーベル平和賞を受賞されたお方ですが、彼女は今、「三つのR」を提唱して、地球の環境問題に取り組んでおられるそうです。

「三つのR」とは、

1、リデュース(Reduce)−過剰生産を削減すること。
 2、リユース(Reuse)−使い回す(再利用する)こと。
 3、リサイクル(Recycle)−循環させて再生利用すること。

ですが、初めて来日された時、アフリカで「三つのR」を掲げて環境問題に取り組んでいる事を、或る新聞社の編集長さんに話されたところ、その編集長さんから、この「三つのR」を現す言葉が日本にある事を教えられたそうです。

それは、私達もよく知っている「勿体ない」という言葉ですが、早速この言葉を世界中の人々に伝えようと思い、各国の言葉に翻訳しようとしたところ、驚くべき事に、どこの国にも、「勿体ない」という言葉に当てはまる言葉がなかったそうです。「勿体ない」という言葉は、日本にしかない言葉だったのです。

そこで、彼女は、「このような世界に誇れる素晴らしい言葉は他にない」と感激され、この言葉を世界中に広め、一人でも多くの人々に、「三つのR」運動へ取り組んで頂きたいと、いま世界中を駆け回っておられるのであります。


「勿体ない」の心を忘れた日本の現状


外国の方から、「勿体ない」という日本語の素晴らしさを教えられるとは、日本人の一人として恥ずかしく思いますし、このような素晴らしい言葉を残して下さった先人にも申し訳なく思いますが、マータイさんは、「勿体ない」という言葉から、日本人の持つ二つの心を感じられたそうです。

一つは、地球資源に対する尊敬の念、もう一つは、資源を無駄にしてはいけないという感謝の念ですが、ショックだったのは、日本にしかないこの言葉を、当の日本人が実践出来ていない事実を告げられた時でした。

先ず彼女が勿体ない事の一つ目に挙げられたのは、買い物に行った時に貰うレジ袋です。最近は、レジ袋が有料になり、誰もが自前の買い物袋を持って行くようになりましたが、当時はまだその意識が薄く、当たり前のようにレジ袋を貰っていました。

年に換算すると、一人当たり、二百六十枚のレジ袋を使っていたそうで、このレジ袋をやめるだけで、年間六百二十六億円の節約になると聞いた時は、余りの額の多さに唖然としました。

二つ目は、お水で、例えば、歯磨きする時に水道の蛇口を僅か五秒間出しっぱなしにするだけで、一リットルの水を無駄使いしているそうです。

三つ目は食べ物で、一般家庭で捨てられている食品廃棄物は、一年間で何と東京ドーム三十二杯分になるそうです。

四つ目は洋服で、一年間に一人当たり、九キロもの服を捨てているそうです。

五つ目は、当たり前のように使っている包み紙ですが、日本で捨てられているゴミの中で、一番多いのが、この包み紙だそうです。

一年間に出るゴミの総量の何と六割が、この包装ゴミだそうですから、いかに日本人が、限りある資源を無駄に浪費しているかが分かるのではないでしょうか。


日本文化の底に流れている心


勿論、「勿体ない」の心が生きている物も、わが国には沢山あります。例えば、着なくなった古い着物を仕立て直して服を作ったり、短くなった鉛筆を鉛筆サックに挿して最後まで使ったりするのも「勿体ない」精神の現れと言えましょう。

彼女が特に感心しておられたのは風呂敷で、包む時は広げ、使わなくなったら折り畳んでどこへでも持っていける、まさに伸縮自在の風呂敷は、日本人の「勿体ない」の心が生み出した世界に誇るべき文化そのものだと絶賛しておられました。

私達の周囲を見回せば、「勿体ない」精神から生み出された伸縮自在の品物は、他にも沢山あります。

例えば、着物は、太った方でも痩せた方でも着られますが、洋服ではそうはいきません。靴は、サイズが決まっていますから、足のサイズが違えば履けませんが、下駄や草履なら、大きい足の人でも、小さい足の人でも履けます。

更にわが国古来の襖(ふすま)は、非常に柔軟性に富み、小さく使う時は襖を入れ、広く使う時は襖を外して使うという、まさに日本人の「勿体ない」精神が生み出した世界に誇れる間仕切りと言えましょう。個室中心の欧米式の部屋は、プライバシーは守れるかも知れませんが、融通性においては日本の襖に到底敵いません。

食べる時に使う箸、寝る時に使う布団など、例を挙げれば限がありませんが、要するに、わが国の衣食住全てのものの中に、この「勿体ない」精神が脈々と生きているのであります。

この「勿体ない」精神は、大自然の摂理に従って生きてきた私達のご先祖が、大自然から学び取った智慧であり、世界に誇るべき日本文化と言っても過言ではないでしょう。

自画自賛と言われるかも知れませんが、私は、これからの世界をリードしていくのは、貪りの心に支えられた文化ではなく、「勿体ない」「少欲知足」の精神に支えられ、大自然の摂理に適う感謝と尊敬の念に育まれた日本古来の文化ではないかと思っています。


限りある命・掛け替えのない存在


この日本人の魂の奥底に滔々(とうとう)と流れる「勿体ない」精神を育んでくれたのは、四季折々の美しさに富むわが国の大自然である事は言うまでもありませんが、それと同時に、日本の大地に深く根をおろした仏教が大きな影響を与えている事も間違いないでしょう。

もし仏教が日本の大地に根付いていなければ、「勿体ない」精神が、ここまで深く日本人の魂に刻まれたかどうかは甚だ疑問です。

何故なら、この「勿体ない」精神は、全ての物が限りある存在であるという真理を悟った中から生まれてくる心だからです。

私達人間も、地球資源も、そして、この地球でさえも、その命には限りがあります。限りがあるという事は、全てが移り変わっていくという事であり、永遠なるものは存在しないという事です。
  人の世は 流転生死のくりかえし
    変わらぬものは ひとつだになし

全てが移り変わっていく定めにあり、限りある存在に過ぎないというこの無常の真理が、私達の心の奥底にしっかり根付いているからこそ、限りある命を大切にし、全ての物を無駄にしてはいけないという「勿体ない」の心が生まれて来たのです。

また、限りがあるという事は、全ての物が、掛け替えのない存在であるという事でもあります。

私の替わりは居ませんし、皆さんの替わりも居ません。私は、私しか替わりが出来ませんし、皆さんも、皆さんにしか替わりが出来ないのです。一人一人が、みな掛け替えのない存在なのです。

その道理が分れば、私の命も尊いし、皆さんの命も尊いし、全てのものの命が尊いのです。全てが「勿体ない」存在なのです。

合掌

世界同時不況に思う(1)
世界同時不況に思う(2)
世界同時不況に思う(3)
法話の小部屋Top


サイト内検索 help
 


法徳寺の草花と自然

ソメイヨシノ

ジシバリ(地縛り)
(花言葉 人知れぬ努力、忍耐)

 


法話の小部屋Topへ


(注1)千島学説について詳しくお知りになりたいお方は、以下のサイトをご覧下さい。 新生命医学会(https://www.chishima.ac/)


(注2)心身一如(身心一如とも言う)とは、肉体(身)と精神(心)は決して別個のものではなく、不二一体のものであると言う考え方。

 

 

千島喜久雄博士

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ワンガリ・マータイさん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


高野山法徳寺(たかのやまほうとくじ) TEL:0551-20-6250 Mailはこちらから
〒408-0112 山梨県北杜市須玉町若神子4495-309 FAX:0551-20-6251 お問合せフォーム