桜紋の扉―自殺防止への取り組み、納骨堂「帰郷庵」へのご納骨、供養の意義などについてご紹介します。
桜紋の扉 法徳寺の扉 御祈願の扉 汗露水の扉 御法歌 法話の扉 帰郷の扉 升紋の扉
御法歌とは御法歌の栞聖歌集夢殿の歌碑歌碑の御奉納

人ごころ 失せてゆく世にあおうとも

桜の民の 心忘るな



歌聖・西行法師と桜


桜の花をこよなく愛した人物と言えば、「醍醐の花見」で有名な豊臣秀吉をはじめ、あまたの人々がいますが、その中でも筆頭に挙げられるのは、やはり歌聖と称された西行法師ではないでしょうか。

西行法師は、俗名を佐藤義清(のりきよ)と言う、鳥羽上皇を警護する北面の武士で、同僚に、同じ北面の武士であった平清盛がいますが、23歳の時に、突然、頭を剃って出家いたします。

親しい友人の頓死に遭遇し、無常を観じたからだとも、白河院の愛妾で、鳥羽上皇の妃であった待賢門院璋子(崇徳天皇の母)との恋に破れたからだとも言われていますが、いずれにせよ若くして出家するという事は、その背景に、彼の心を大きく揺り動かす何らかの出来事があった事は間違いないでしょう。

西行が生きた時代は、親子、兄弟、叔父・甥が敵味方に分れて骨肉相争う保元、平治の乱(注1)が相次いで起こり、それに続く平家の興隆と滅亡、そして源頼朝による鎌倉幕府の樹立など、政治の実権が朝廷から武士へと大きく移行し、権力者が目まぐるしく入れ代る激動の時代でした。

人間が背負う業の深さを目の当たりにした西行が、救いを求めて出家の道を志したとしても、何ら不思議ではありませんが、もし西行が出家せず、武士の地位に留まっていれば、その人生はまったく違ったものになっていたでしょうし、今日私達が知る西行は、歴史の表舞台に登場していなかったかも知れません。

その意味で、出家は彼の意思と言うより、彼を求める天地の意思だったのかも知れませんが、出家後の西行は、しばらく京都の嵯峨や鞍馬山で修行したり、奥州の陸奥へ足を延ばし、その後、高野山に留まって草庵を結ぶかたわら、四国、吉野、熊野、伊勢方面へもおもむき、多くの歌を残しています。

その中でも特に、桜を詠んだ歌がたくさん残されており、松や梅を詠った歌もありますが、桜を詠んだ歌の多さには比ぶべくもなく、いかに西行が桜を愛してやまなかったかがよく分かります。

 春風の 花を散らすと見る夢の
    さめても胸の さわぐなりけり
  たぐひなき 花をし枝に咲かすれば
    桜に並ぶ 木ぞなかりける
  梢うつ 雨にしをれて散る花の
    惜しき心を 何にたとへむ

桜の花が彼の心をとらえて離さなかったのは、そこはかとなく漂うはかなさと、何物にもとらわれないその潔さが、西行の生きた時代や西行の生き方と重なっていたからかも知れませんが、西行が、こよなく愛する桜の下で生涯を閉じたいと願ったとしても、無理はありません。

西行終焉の地である大阪府南河内郡河南町にある弘川寺(ひろかわでら)には、西行の墓(写真右)があり、墓の傍らに建つ歌碑(写真下)には、次の歌が刻まれています。

 願わくば 花の下にて春死なん
    あの如月の 望月のころ

「如月(きさらぎ)」は、旧暦の2月、「もちづき」は、満月を意味し、「如月の望月」とは、お釈迦様が入滅された旧暦の2月15日の事です。

その日に、桜の木の下で安らかに最後を迎えたいと願った西行は、お釈迦様の涅槃会の翌日である文治6年(1190年)2月16日、弘川寺において、73歳の生涯を閉じます。

その後、江戸時代の享保年間に、弘川寺で西行法師の墓を発見した似雲(じうん)法師という僧侶が、弘川寺に桜の木を植えることを発願し、生涯を桜の植樹に捧げます。或る夜、桜を愛した西行法師が桜の森に眠っている夢を見たとも伝えられ、その夢告が、似雲法師の心を揺り動かしたのかも知れません。

仏には 桜の花を奉れ
   わが後の世を 人とぶらわば

似雲法師は、西行法師が残したこの歌に、自己の使命を重ね合わせていたのかも知れませんが、それにしても、何故似雲法師は、生涯を桜の植樹に捧げるほど、西行に深い思いを寄せたのでしょうか。

勿論、西行の生き様に感銘を受けたからでもあるでしょうが、何故か私には、西行法師と似雲法師が、二人であって二人でないような気がしてなりません。もしかすると、西行法師が、似雲法師となって生まれ変わり、自分が眠る弘川寺を、こよなく愛した桜の花で埋め尽くそうとしたのかも知れませんね。


桜すなわち普門法舟大菩薩様なり


西行法師と同じように、桜をこよなく愛し、桜の花に、ご自身の生き様を映しておられたのが普門法舟大菩薩様です。

 どこから来るか 桜の花は 春の縁で 咲くという
    裸で生まれて 裸で帰る 無常教える花吹雪 花吹雪
  わが身忘れて 人世のために いのち限りに 咲く桜
    桜吹雪で 散るときさえも 晴れの姿を見せて散る 見せて散る
  いのち短き 桜の花も 可愛い笑顔に 薄化粧
    晴れの振袖 人世に見せて 咲けと教える花仏 花仏
  花は散っても青葉の桜 春夏秋冬の 様見よと
    夏の日差しを 盛りと生きて  秋に無常の 風に散る 風に散る

この御法歌『無常教える花仏』は、桜の花に託して、菩薩様ご自身の生き様を詠われたものであり、西行法師に奉る桜が「西行桜」なら、菩薩様に捧げる桜は、「法舟桜」であり、菩薩様そのものと言えましょう。

似雲法師が、「仏には桜の花を奉れ」と詠った西行法師の歌に、自らの使命を重ね合わせ、生涯を桜の植樹事業に捧げたように、私達もまた、法徳寺の境内に咲き乱れる桜の花に、ご生涯を衆生救済に捧げられた菩薩様の深い慈悲心を感じ、苦しむ一人でも多くの人々にその御心をお伝えしてゆきたいと願っているのです。

 われ行きて 植えし桜の一本を
    法舟桜と 人はいうなり

世の中を見れば、桜や紅葉と変わらぬ儚い命を持ちながら、貪り、怒り、憎しみ、愚痴、嫉妬に翻弄されて、万年にも続く悪業を重ね、その報いがやがてわが身に降りかかってくる事を知らずに、かけがえのない人生を流されてゆく哀れな人々もいますが、他人はおろか、家族同士でさえ傷つけ合い、殺し合う事件が決してめずらしくない時代状況は、西行法師が生きた殺伐とした時代と何ら変わりなく、甚だ憂慮すべき事態と言わねばなりません。

このような乱れに乱れた時代であるからこそ、幾ら人の心が失われ、世の中が乱れようとも変わる事なく、限りある命を力の限り生きている桜の美しさ、たくましさが、強く心に迫ってきます。

菩薩様は、
  わが植し 桜紅葉の二本を
    心やすらぐ 止まり木とせよ
 と詠っておられますが、「わが植えし桜もみじの二本を」とは、桜と紅葉に託して、苦しむ人々の心の中に無常と言うこの世の真理を植え、救済の種を蒔かれたという意味であり、「心安らぐ止まり木とせよ」とは、無常の道理を悟る事が出来れば、一切の貪り、怒り、憎しみ、愚痴、嫉妬に翻弄されない、心豊かで安らかな人生が開かれますよという意味です。

薄紅色の可憐な花を咲かせ、春を盛りと咲き誇った桜の花も、やがて桜吹雪となって散ってゆかねばなりません。山肌を錦一色に織りなし衆目を一身に集めた紅葉の命も、移ろいゆく無常の中にあってはひと時の夢幻に過ぎません。

しかし、その桜や紅葉の命と、私たちの命と、どこが違うのでしょうか。所詮は「残る桜も散る桜」であり、やがて散ってゆかねばならない儚い命である事に変りはないのです。

否、そもそもわが命、わが財といえるものなど、どこにもありません。あの孫悟空がお釈迦様の掌から一歩も飛び出す事が出来なかったように、私たちの命も財産も、全ては天地の掌の中にあり、私たちはただその掌の中で遊ばされているに過ぎないのです。

菩薩様は、この御法歌を通して、「やがて散ってゆかねばならないわが命のはかなさに早く目覚めなさい。無常の道理に気付きなさい。そして一刻も早く発心して、滅びゆくわが命、わが財を人世の為に有意義に活かし、滅びない功徳の光としなさい。その功徳の光がわが身を照らし、子々孫々を守るのですよ」と教えておられるのです。


花の民の心を忘れてはいけない


以前、「桜守(さくらもり)」の佐野藤右衛門さんというお方が、「生きとるものは話しかけると必ず反応しよる。正直なもんやなア。ふだん知らん顔して、花見だけワッと押し寄せる人には、桜も横を向いとるわ。今の人は、花の気持ちがわからんようになってしまっとる」と言って嘆いておられるのを、新聞記事で読んだ事がありますが、藤右衛門さんによれば、桜の花は、下を向いて咲いているのだそうです。そう言われて、桜の花をじっと見てみると、確かに下を向いて咲いています。

何故下を向いて咲いているのかと言えば、美しい晴姿をみんなに見て欲しいからです。ところが、人々は、その下で、花を愛でるどころか、お酒を飲んでドンチャン騒ぎをして、桜にそっぽを向いているのです。

藤右衛門さんがおっしゃっておられるように、そんな人間には、桜の方もそっぽを向いているに違いありません。

毎日、新聞やテレビを見ていますと、悲しいニュースばかりが目に飛び込んできますが、人としての心が失われ、世の中が乱れに乱れている事と、桜の心が分らなくなってしまった事とは、決して無関係ではないように思います。

骨肉相食む非情な時代に生を受けた西行法師や、親子夫婦兄弟同士が傷つけ合い、殺し合う乱れた世にお生まれになった菩薩様が、共に桜の花をこよなく愛された理由が、分かるような気がいたします。

もう一度、私達は、桜にも負けない心を取り戻し、桜の心が分る人間とならなければならないのではないでしょうか。


御法歌のしおりTopへ


サイト内検索 help
 


法徳寺の草花と自然

ソメイヨシノ

ソメイヨシノ(染井吉野)
(花言葉 純潔、優れた美人)

 


御法歌のしおりアーカイブへ


(注1)鳥羽上皇の崩御の後、天皇の地位をめぐって崇徳上皇(兄)と、後白河天皇(弟)が対立、保元元年(1156年)、崇徳上皇は藤原頼長(弟)・平忠正(叔父)、源為義(父)らと共に挙兵するが、後白河天皇の率いる藤原忠通(頼長の兄)・平清盛(忠正の甥)、源義朝(為義の子)らの軍に敗れる。これが、保元の乱である。
しかし、保元の乱後の恩賞に不満を持った源義朝は、平治元年(1159年)、後白河上皇の近臣である藤原信頼と共に挙兵し、院の近臣で平清盛とも親交の深い藤原通憲(信西)を殺害するが、清盛の反撃にあって敗れる。これが、平治の乱である。

 

似雲法師の墓(弘川寺)

 

 

 

仏には 桜の花を奉れ
わが後の世を 人とぶらわば
(弘川寺)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


高野山法徳寺(たかのやまほうとくじ) TEL:0551-20-6250 Mailはこちらから
〒408-0112 山梨県北杜市須玉町若神子4495-309 FAX:0551-20-6251 お問合せフォーム