桜紋の扉―自殺防止への取り組み、納骨堂「帰郷庵」へのご納骨、供養の意義などについてご紹介します。
桜紋の扉 法徳寺の扉 祈りの扉 汗露水の扉 御法歌の扉 法話の扉 帰郷の扉 升紋の扉

ありがとうの一言を



ありがとうの一言を

作詞・作曲  大西良空


やさしさに 遇えた日の
 思い出 いまも胸に
 あたたかくよみがえり わたしをつつむの
 ありがとうの一言を あなたに伝えたくて
 苦しみに負けないで 大空を羽ばたくのさ
 かがやく明日を信じて 翔けてゆくのさ

せつなさも さびしさも
 こころの 奥にそっと
 しまっていま微笑むのさ ひとりじゃないから
 たとえどんなに辛くても 真心を忘れないで
 悲しみを乗り越えて 大空に飛び立つのさ 
 夢をあきらめないで 生きてゆくのさ

ありがとうの一言を あなたに伝えたくて
 苦しみに負けないで 大空を羽ばたくのさ
 かがやくあなたを信じて 翔けてゆくのさ
 夢をあきらめないで 生きてゆくのさ

 



日航への50年越しの感謝


今年2月20日の読売新聞に、「日航へ50年越しの感謝」と題する次のような記事が掲載されました。

経営再建中の日本航空の株式はきょう20日付で上場廃止となる。その日航株を「半世紀前に日航社員から受けた親切が忘れられない」と無価値になると承知で購入した女性がいる。「私にとって日航は幸せを運んでくれた乗り物。必ず再建してほしい」とエールを送る。

大阪府泉南市の造形作家松原タエ子さん(68)。日航の会社更生法申請が秒読み段階となり、100%減資の可能性が強まった先月14日、あえて1万株を11万500円で購入した。松原さんを駆り立てたのは、祖母の夢をかなえた2人旅の記憶だった。

松原さんは生まれてまもなく母方の祖父母の元に引き取られ、養女として育てられた。祖父は中学時代に亡くなり、女手一つで育ててくれた祖母には格別の思いがある。

初めての孝行が50年前の東京旅行だった。当時、祖母は80歳。「冥土のみやげに一度は飛行機に乗ってみたい」という祖母を連れ、大阪(伊丹)空港から羽田空港まで日航機に乗った。

ところが、羽田空港でアクシデントに見舞われる。足が不自由な祖母は飛行機のタラップを降りるのに時間がかかり、東京駅行きのバスに乗り遅れてしまったのだ。当時は本数が少なく、次のバスまで数時間待たねばならない。「孝行が台無しになってしまう」。 途方に暮れた時、日航社員が車いすを用意してくれた上、東京駅まで車で送ってくれた。

祖母はその2年後に亡くなったが、ことあるごとに「鶴のマークの会社の人が親切にしてくれはった」とうれしそうに話した。

昨年、経営悪化が報じられる中、「なんの足しにもならない」と分かっていながら株を購入したのは、あの時の感謝と応援の気持ちを伝えたかったからだ。関西空港の日航カウンターには、祖母との思い出をつづった手紙も持参した。

先月末、松原さんの自宅を日航社員が訪れた。手には約400通ものカード。松原さんの手紙を読んだ社員からの返信だった。

「必ず再生したい」。カードを手に、「50年後も心に残る接客を心がけていきたい」と決意を語った地上スタッフの赤木芙美さん(25)に、松原さんは「必ず危機を乗り越え、魅力的な会社になって」と話しかけていた。


倒産した事にお礼が言いたい


この記事を読んだ時、私の脳裏によみがえってきたのは、40年前の記憶でした。当時、私の父の経営していた会社が倒産し、負債をかかえて、ゼロからの出発どころか、マイナスからの再出発を余儀なくされ、一家が路頭に迷う事になったのですが、「捨てる神あれば拾う神あり」で、世間の非情さや身内の薄情さを思い知らされる一方、他人である人たちからいただいた親切や真心に、傷ついた心を癒された日々の思い出が、つい昨日の事のようによみがえってきたのです。

「人間万事塞翁が馬」(注1)という諺がありますが、まさに禍福はあざなえる縄の如しで、会社が倒産したからと言って、嘆いたり悲観したりする必要はなかったのですが、倒産した当時は、そんな思い開きが出来る筈もなく、債権者が押し寄せてきたり、家財道具をすべて差し押さえられたりして、倒産の苦汁を嫌と言うほど味わいました。

しかし、人生、何が幸いするか分りません。もしあの時、会社が倒産していなければ、父も私達も信仰の道を知る事もなく、ただ時の流れに身を任せて生涯を終えていたでしょうし、私も出家する事はなかったと思います。

今は、生き方を大きく変えてくれた倒産に、「ありがとうございます」と、心の底から手を合わす事が出来るのです。

日航の社員の方々にも、是非そう言える日を迎えていただきたいと思いますが、勿論いまはそんな事が言える状況ではないでしょうし、そうなる為には、乗り越えなければならない試練が幾つもあると思います。


親から自立できるか否か


世界有数の巨大航空会社である日航が、何故このような状況に追い込まれたのかについて、経営判断の誤り、不採算路線の増大、無理な路線網の拡充、投資の失敗など、様々な原因が取りざたされていますが、そのどれもが改善されていかなければならないでしょう。

しかし、日航を再建する上で最も重要な課題は、社員の方々の意識改革ではないかと思います。

社員の方々にとって日本航空という会社は、自分たちが働くただの職場ではなく、言うならば、自分たちを生み、育ててくれた親であります。目の前で危篤状態に陥って苦しんでいる親の姿を見て、まず考えなければならない事は、子供として為すべき事は何かという事です。

菩薩様のお歌の中に、
  み仏に 利益(りえき)りやくと頼むより
    仏助ける 人となれ人
 という歌がありますが、いま社員の方々に起こしていただきたいのは、この心です。

親である会社を助けよう、助けたいという心を起こすという事は、日航という親から自立するという事です。

いままで社員の方々は、日本航空という親を頼り、甘え過ぎてきたのではないでしょうか。意識改革の第一歩は、日本航空という親から自立出来ず、甘え続けてきた事への反省です。

仏教では、懺悔(さんげ)と言いますが、懺悔とは、ただ今までの行いをお許し下さいと言って謝罪する事ではありません。今までの生き方を反省して、これから改めてゆきますとお誓いし、それを実行してゆくのが、懺悔です。

苦しんでいる親を目の前にして、これからも甘えさせて下さいと言う子供はいません。親の事を思う子供であれば、きっと「今まで親に甘え、親に頼ることばかり考えて生きてきた事を悔い改め、これからは親を助け、自立して生きてまいります」という言葉が出てくる筈です。


日航再建問題の真相


今回の日航再建問題は、表面的に見れば、倒産の危機に直面している日航の再建問題のように見えますが、私は、日航の再建と言うより、意識改革を通して、そこに働く社員の方々を生まれ変わらせるため(再生)のお計らいだと思います。

再建を通して、社員の方々は、意識改革を迫られる訳ですが、それは裏を返せば、親である会社が、子供である社員の方々を生まれ変わらせたいために、自らの身を犠牲にしているという事です。

菩薩様は、「病む人間より病まれる人間が目覚めなければいけない」とおっしゃっておられますが、その言葉を借りるなら、病む日航より、病まれる社員の方々に目覚めていただかなければいけないのです。

今まで社員の方々は、日航という会社の徳の器に守られてきました。しかし、親に甘え、親に頼ってきた結果、いまその器はなくなり、いよいよ親から独り立ちしなければならなくなったのです。それが、今回の再建問題です。

独り立ちするとは、自らの徳の器を大きくして、会社に甘えなくてもよい人間として生まれ変わる事であり、会社依存の精神から自立する事です。

その為に、親である会社が、自らの身を犠牲にして、子供である社員の方々に覚醒を促してくれているのだと思えば、こんな有難い事はありません。親に「心配をかけて申し訳ありません」と言って懺悔し、お礼を言わなければいけないでしょう。

社員の方々の中には、「会社が倒産の危機に直面しているから、自分たちが辛い思いをしなければいけないのだ」と思っておられるお方がいるかも知れませんが、そうではなく、「自分たちがまだ独り立ち出来ていないから、親である会社を苦しめているのだ」という思い方をしていただきたいのです。そこまで思える心になって、初めて親から自立する第一歩が始まると思います。


自分に何ができるか


松原さんは、感謝と応援の気持ちを伝えたいと、あえて無価値になる事を承知で日航券を購入されましたが、松原さんの心を動かしたのは、半世紀前に日航社員から受けた真心でした。

その日航社員は、松原さんと足の悪い祖母の事を思い、自分たちに出来る事は何かを考え、車椅子を用意して車で東京駅まで送ってくれたのです。

日航社員から受けた真心は、孝行が出来た松原さん(当時18歳)にとって、忘れようにも忘れられない鮮烈な記憶となって、魂の奥底に深く刻み込まれたに違いありません。

今回、松原さんがあえて無価値になると承知で日航株を購入されたのは、「50年前に日航社員から受けた真心に報い、応援の気持ちを伝える為に、いま自分に出来る事は何か」を自らに問われ、「いま自分に出来る事はこれしかない」と思われたからではないでしょうか。

私は、松原さんの思いの中に、「親である会社の為に、いま自分に出来る事は何かを、日航社員の方々にも考えて欲しい」という思いが込められているような気がしてなりません。

日航は松原さんにとっては謂わば他人です。しかし、日航社員の方々にとって日航は、自分たちを生み育ててくれた親なのです。

他人でさえ、「日航の再建のために出来る事をしたい」と、精一杯の尽力をして下さっているのに、子供である社員の方々が、相変わらず親に甘え、親を頼っていては、日航の再生など夢のまた夢と言わねばなりません。

日航を利用して下さるお客様の為に何が出来るかを考えるのは、お客様に対する社員の真心として当然の事ですが、その前にまず、親である会社の為に何が出来るか、どうすれば親を助けられるかを、真剣に考えていただきたいのです。それが、苦しんでいる親に対する子供の真心であり、親から自立する第一歩ではないかと思います。


ケネディ大統領が尊敬した日本人


アメリカのケネディ大統領は、国民向けの演説の中で、「わが同胞、アメリカ国民よ。国家があなたに何をしてくれるかを問うのではなく、あなたが国家に対して何が出来るかを自問して欲しい」と訴えましたが、その言葉を借りるならば、日航社員の方々は、親である会社が自分に何をしてくれるかを問うのではなく、親である会社のために何が出来るかを自らに問わねばなりません。

ケネディ大統領が「あなたが国家に対して何が出来るかを自問して欲しい」と国民に訴えたのは、国民が国家から何かをして貰う事だけを考え、国家に頼っていては、国家そのものが成り立たないからです。

それは、膨大な赤字を出し続けた旧国鉄や、社会主義国家ソ連の崩壊、福祉国家と言われる国々の行詰りを見れば、明らかです。

会社が栄えていく為には、一人一人が、会社の為、お互いの為に何が出来るかを考え、実践していく以外にはありません。

いま必要な意識改革とは、会社(親)に甘え、会社から利益だけを求める会社依存の心ではなく、お互いが会社を助け、お互いを助け合う自助、互助の心を一人一人が自覚し、自立する事ではないでしょうか。

ケネディ大統領が、「最も尊敬する日本人」として名前を挙げたことで一躍有名になったのは、米沢藩の第九代藩主、上杉鷹山ですが、鷹山が藩主になった時の米沢藩は、いまの日航のように、財政危機に直面して存亡の淵に立たされていました。

僅か十七歳で藩主となった鷹山は、儒教の精神を取り入れて、前代未聞とも言える大改革を断行するのですが、特に質素倹約を徹底的に指導し、自らも一汁一菜を実践し、衣類等も質素にして経費の削減に努め、更に自ら鍬を手に持って農民たちに開墾を奨励し、養蚕や工芸品などの発展にも力を注いで、殖産興業を推進し、米沢藩を存亡の危機から救うのです。

上杉家と言えば、上杉謙信以来の格式高い家柄ですから、かつての栄光が頭から離れない家臣たちも大勢いたことでしょう。「上杉家の家臣たるものが、そんな事まで出来るか」と言って、鷹山に反対する者も大勢いたに違いありません。

しかし、鷹山は、反対する藩士達を不撓不屈の精神で説き伏せ、果敢に改革を成し遂げていったのです。


求める事より与える事を


ケネディ大統領が鷹山を尊敬したのは、彼が、一人一人が自立し(自助)、助け合い(互助)、大自然の摂理に従って生きる時、初めて豊かで美しい国造りが出来る事を実証した日本人だったからだと思います。

大自然の摂理に従って生きるとはどういう事か。その答えは、大自然が教えてくれています。

大自然の摂理とは、実に単純明快な真理です。つまり、何かを手に入れようとするのではなく、持てるものを惜しみなく他に与える事です。しかも、それは、見返りを求めない無償の施しでなければなりません。

「惜しみなく」とは、与えた後に何の思いも残さないという事です。私達が幸せになる為に必要な事は、それだけです。

大自然の摂理を別の言葉で言えば、いまお話しした、会社(親)が自分のために何をしてくれるかではなく、自分が会社(親)の為に何が出来るかを考え、行動するという事です。

大自然は、ただ与えるだけではなく、私達に何の見返りも求められません。全てを与え尽し、施し尽してくれています。

もし太陽から、「これだけの光と熱を与えたから、それに見合う代金を支払いなさい」と請求されたら、人類はたちまち破産してしまいます。電力会社からは、きちんと請求書が送られてきますが、太陽から送られて来るのは、万物を育んでくれる暖かい光と熱だけです。しかも、お返し無しの人類への無償の贈り物です。

太陽だけではなく、月も星も花も緑も水も風も、森羅万象すべてが、人間に与え通しに与えて下さっているのです。人間が見向きもしない野辺に咲く草花でさえ、四季折々に美しい晴れ姿を見せて、私達の心に潤いを与えてくれています。

求めても、求めても飽きる事を知らないのは、私達人間だけですが、それは、自分が持てるものを他に与えたら、マイナスになると思い込んでいるからです。

しかし、磁石の原理を考えればすぐ分かるように、他に与える事は、マイナスの結果を招くのではなく、プラスを引き寄せる力となるのです。と言うより、与えなければ、プラスは寄って来ません。磁石にはプラス極とマイナス極があり、プラスとマイナス、マイナスとプラスは引き合い、プラスとプラス、マイナスとマイナスは反発し合います。つまり、幾ら自分がプラスにしようと懸命に努力しても、プラスにしようとすればするほど、寄って来るのはマイナスばかりなのです。ところが、不思議な事に、与える心、マイナスの心を持っていると、ちゃんとプラスが寄ってくるのです。

会社を再建するにはどうすればよいか。苦しむ親を助けるにはどうすればよいか。すでに大自然が何もかも教えてくれているのです。

会社に求める心を、会社の為に何が出来るかを考える心に変えなさいと。

合掌

平成22年3月28日


     

このエントリーをはてなブックマークに追加

サイト内検索 help
 


法徳寺の草花と自然

ノウゼンカズラ(凌霄花)
(花言葉 名声、栄光)

 


自殺防止に向けてTopへ



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(注1)塞翁(さいおう)とは、中国北辺の国境近くに住んでいた老人のこと。ある時、その老人の馬が逃げてしまったが(不幸)、まもなくその馬がすぐれた駿馬を連れて戻ってきたので、人々は祝福した(幸)。ところが、老人の子供がその馬から落ちて大怪我をしてしまった(不幸)。しかし、怪我をしたお陰で、若者達のほとんどが戦死したというのに、老人の子供は兵役をまぬがれて死なずにすんだという故事から、人生は何が幸せとなり不幸となるか分らないから、何事があっても一喜一憂することはないという意味。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上杉鷹山

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


高野山法徳寺(たかのやまほうとくじ) TEL:0551-20-6250 Mailはこちらから
〒408-0112 山梨県北杜市須玉町若神子4495-309 FAX:0551-20-6251 お問合せフォーム